「英語を話せる」とはどういうことだろうか

「英語が話せる」 = ?

「英語が話せる」とは、つまりどういうことか考えたいと思う。

大多数の日本人は、中学、高校の計6年間は英語教育に時間を捧げてきた。

果たして、この6年間で英語を話せるようになった人はどのくらいいるだろうか。

 

This is a pen.

 

英語を学んできた人でこのフレーズを言えない人はいないと思う。

ただ、これを言えたところで「英語が話せる」ことになるだろうか。





僕が考える「英語が話せる」定義とは

僕が考える「英語が話せる」定義は以下と考える。

 

  • 相手とのコミュニケーション(会話)が成立する
  • 自分の思っていることを100%、英語にすることができる

 

上記の2つが完全に習得できた時点を「英語が話せる」と定義する。

 

なので、「This is a pen」を話せることが、「英語を話せる」とは必ずしも言えない。

今の僕に足りないこと

今の僕が考える英語を話す上で足りないことは

 

「リスニング」「スピーキング」の二つだ。

 

当たり前の話だが、なかなかうまくいかない。

「リスニング」「スピーキング」スキルを磨くには何をするか

幸運にも日本には、オンライン英会話と呼ばれる最強ツールが存在する。

 

今や、日本は英語を話せる機会がないから、英語が話せないといった言い訳はできなくなった。

 

僕はこのオンライン英会話を使うことが「英語が話せる」ようになる最短距離の方法だと考える。

適切な勉強方法 × 時間 = 最速の習得

僕が導き出した、最短の言語習得までの公式はこれだ!

 

適切な勉強方法 × 時間 = 最速の習得

 

何をするにしても、時間を必要とする。

誤った勉強方法をいかに時間を掛けて実施しても、最速の習得にはならない。

 

適切な勉強方法で時間を掛ければ、必ず何かを成し遂げられると考える。

続きを読む