【海外の反応】「日本代表に相応しい」中島翔哉、値千金の同点弾!13試合7ゴール!

現地時間8日にリーガ・NOS第17節の試合が行われ、ポルティモネンセはFCパソス・デ・フェレイラのホームに乗り込んで対戦。

 試合開始して35分にブルーノ・タバタが退場しポルティモネンセは数的不利になってしまう。すると54分、パソスのルイス・フェリーペにゴールを決められ先制を許してしまった。

 追いかける展開となったポルティモネンセは73分、相手がクリアしたボールに素早く反応し中島翔哉が右足を振り抜いてゴールを決めて同点ゴールを決める。その後、両者ともに追加点はなく1-1の引き分けに終わっている。

 中島の今回のゴールは今季公式戦17試合出場で7得点目。現在、同選手に対してはポルトガルリーグ最多優勝回数を誇るベンフィカや首位に立つポルト、ブンデスリーガのクラブなどが関心を示しているが、またもアピールすることに成功した。
https://www.footballchannel.jp/2018/01/09/post250425/

Shoya Nakajima Paços Ferreira 1-[1] Portimonense

続きを読む