【42年ぶり】日本で梅毒が急増中【危機的状況】

no title

梅毒が大流行、42年ぶりの感染拡大 20代女性で急増、厚労省は「危機的な状況」
性感染症のひとつである「梅毒」が大流行している。2016年度の報告数はすでに4077件(11月27日現在)で、4165件だった1974年以来、42年ぶりに4千件を超えた。
政府統計などによると、1950年代には最大12万の患者がいたが、報告数が1万1755件だった67年以降、減少傾向にあった。
しかし2010年以降、急激に患者が増加。小流行期だった1987年(2928件)をあっという間に超えた。

性行為(オーラルセックスやアナルセックスも含む)で感染する梅毒。
厚労省によると、全身の発疹やリンパ節が腫れるなどの症状があり、放置すると脳や心臓などに重大な合併症が生じることがあるという。

「男性の病気」と思われがちだが、そうとも言い切れない。
ここ6年に限ると、女性の増加が約8倍と顕著だ。
また、年齢分布別(2015年)に見ると、15~24歳に関しては、男性よりも女性の方が報告数が多いことがわかる。
厚労省結核感染症課の担当者は「原因はわからないが、危機的な流行だ」と頭を抱える。
20代女性に限れば382人。10年は33人だったので、11.5倍と急増している。
「性風俗の存在だけでは説明できない流行です。自覚症状がないことがあるので、いつの間にか移しているケースも多いのではないか」
妊婦検診で梅毒が判明するケースが増えているという、これまで滅多になかった現場の声も聞こえるようになったという。
梅毒などの性感染症は、コンドームの適切な使用で感染リスクを減らすことができる。同省は、セーラームーンを起用したコンドームを製作するなどの対策に乗り出した。
コンドームに関しては、大手メーカーの「オカモト」がが無償で6万個を提供した。成人式や大学祭などで配布するという。
詳細↓
yahoo

no title

0 (2)

no title

「日本で生活したこの1年、最悪だった」
日本「トルコさん、ドネルケバブってどんな味?」
「ドイツって、なんで未だに米軍に占領されてんの?」
続きを読む

続きを読む