中国人「北海道は我が国の領土だった」

170106-1-001.jpg

北海道は我が国の領土だった

古代の中国は、遼東半島に対して、郡県制度を取り、それ以外の地域に対して、藩鎮制で管理していた。唐に入って、中国政府は東北地方に安東都護府を設立し、蝦夷人(アイヌ)を含む少数民族を管理していた。あの時の日本は部落制が終わったばかりだったため、当然アイヌが住んでいた地域に対して支配権を持っていなかった。そのため、あの時アイヌが住んでいた地域は我が国の領土だとみるべきだ。

それからも、我が国の政府は蝦夷地域に対して支配を働いていた。一方、日本幕府の将軍は征夷大将軍と呼ばれるようになった。「征」という文字がついていると言うことは、日本は蝦夷地域にを実効支配していなかったことを意味する。



続きを読む