中国人「抗日戦争時、日本兵士数十名で一つの町をコントロール出来てたそうです」

170828-1-001.jpg

抗日戦争時、日本兵士数十名で一つの町をコントロール出来てたそうです

抗日戦争の時、大都市ほど重要性は高くなかった小さな町が中国にはたくさんあった。そういった町を攻略した日本軍は、わずか数十人で防衛に回したらしいです。それなのにコントロールは完璧だったそうです。

そんなわけないだろうと思う人がたくさんいるのだろう。では、真実はどっちなのか。

日中戦争を研究しているある学者によると、数十人の日本軍兵士が一つの町をコントロールできたのはまったく不思議な話ではないという。当時の日本軍は機動性が高い上、漢奸(売国奴)からの支援も受けていたそうで、そういった条件によって、数十人の日本軍兵士が一つの町をコントロールするということが実現できたそうです。

では、なぜ一般人は日本軍に反抗しないのかと疑問に思う人もいることでしょう。理由は簡単。彼らには武器がないため、逞しい日本軍兵士に反抗する力も勇気もなかったんです。



続きを読む