前節ベストイレブンの香川、今節はチームの全得点を演出し逆転に導く サポ「ピッチに香川が3人いるかと思った」

シーズン途中で新たな監督を迎え再出発となったドルトムント。

前監督のもとではチームでの役割が定まらず、またプレータイムも限定的だった香川にとって、転換期となる監督交代はアピールのチャンスとなります。強豪チームの中で激しいポジション争いに晒される中、はたしてシュテーガー監督の初陣で出場できるのか、第16節のマインツ戦に注目が集まりました。

監督交代後に一度あったトレーニングではファーストチームに入っていなかったとのことですが、フタを開けてみれば香川はスタメン出場。しかも、12.6kmを走りきるフル出場となりました。チームの2得点にも絡み(先制ゴールの起点となるFK、2点目は自らマーク)、マン・オブ・ザ・マッチにも選出され、サポーターからも喝采を浴びる活躍に、各紙からベストイレブンの評価が送られていました。

ブンデスリーガ第17節、ドルトムントはホームに6位のホッフェンハイムを迎えます。新監督のもとで順位をあげていこうというのであれば、7位のドルトムントとしては是非とも叩いておきたい相手。

香川が先発フル出場し、チームを逆転勝利に導いた一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

続きを読む

PickUp 10 Posts