海外「そのうち世界を支配しそう」 日系人の子供達の高い学力を示す調査結果が話題に

日本人のブラジルへの集団移民開始から今年で110年。
ブラジルには約160万人(総人口の約0.8%)の日系人が暮らしており、
現在では6世まで世代交代が進んでいます。

昨年ブラジルの2人の著名な経済学者がブラジル全土の学校のデータを使用して、
文化が学力にどれほどの影響を及ぼすのかを調べたところ、
日系の子供達は、ポルトガル系、イタリア系、東欧系、
ドイツ系などの子供達よりも学力が高いということが分かり、
特に数学では、ポルトガル系の子供達と平均1年の学力の差があったそうです。

上述の学者の1人は、その背景に「先祖からのご褒美」があるとし、
代々受け継いでいる勤勉さ、責任感、自立性などの文化的な違いが、
勉強に対する考え方・姿勢にも違いを生んでおり、
結果として学力にも差が出ているとしています。

また、複数の日系人の学生にインタビューしたところ、
「勉強面で親を失望させたくない」と考える学生や、
「勉強は人生を豊かにする」と考える学生が多かった事にも言及されています
(ちなみにブラジルの大学生の約10%が日系人で、
 南米最難関の名門サンパウロ大学に限ると15%にのぼる)。

この調査結果に、現地から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「なんて綺麗な国歌なんだ」『君が代と日本』の美しさにブラジル人が大感激

liberdade.jpg

続きを読む

PickUp 10 Posts