海外「やめたほうが…」狂牛病で問題となった英国牛日本輸入解禁に海外議論(海外反応)

海外「やめたほうが…」狂牛病で問題となった英国牛日本輸入解禁に海外議論(海外反応)

日本が22年ぶりに英国牛肉輸入の解禁の検討へ

 政府が、牛海綿状脳症(BSE)対策として一九九六年から輸入を禁止している英国産牛肉について、月齢三十カ月以下などの条件付きで年内にも輸入を認める方向で検討に入ることが六日、分かった。厚生労働省は一月末にも内閣府の食品安全委員会から安全性を担保する内容の答申を受け、英国での加工場視察を経て判断する。英国は八六年に世界で初めてBSE感染牛が見つかった国で、年内に輸入が再開されれば二十二年ぶりとなる。

 BSEが原因で牛肉輸入が禁止された後、月齢などの条件付きも含めて再開されたのは米国やカナダなど十四カ国。英国産は世界で発症が確認された約十九万頭中約十八万頭を占めるが、最近は感染の確認はなく、英国政府が解禁を要請。日本政府は最新の研究成果なども踏まえ、輸入解禁へ踏み出す。

 英国産牛肉を巡っては、タンパク質の一種「異常プリオン」に汚染されたものを食べると、致死性の変異型クロイツフェルト・ヤコブ病を発症することがあるとの指摘を受け、九六年に輸入が禁止された。

続きを読む

PickUp 10 Posts