海外「日本の箸がいいね」日中韓の箸の違いに海外興味津々(海外反応)

海外「日本の箸がいいね」日中韓の箸の違いに海外興味津々(海外反応)

投稿者
箸の種類の違いを説明



箸には色んな種類があることに気づいていましたか?
日本のものは、短めで先が細い傾向にあります
中国のものはより長く、日本のように先が細くありません
韓国では金属製の食器を使います

エドワード・ワン氏はアジアの歴史文化学者です
箸に関する著書を発表しています
紀元前4世紀には使われ始め、文化に合わせて進化してきたとしています
多くのスタイルが存在します

料理をシェアすることが中国の慣習です
10世紀ごろに始まりました
中央アジアや西アジアからシェアする文化はもたらされました
中国の箸は長いので、皿の料理に届くのです
鍋料理などもやけどなどをせずにとることができます

日本の箸は短いです
なぜならシェアしないからです
箸は口に触れて魂にも触れると考えられています
そのため、多くの場合自身の箸があります
戦争で父親が家にいないことを寂しく思い、彼の箸を置くこともありました
テーブルへの置き方も違いがあります
箸にのせられて食べ物を口に運ぶため、垂直に移動させます
なぜ、先が細いのでしょうか?
魚を食べることが多いため、それに適したようになっているのです

韓国では多くの人が金属製の箸を使います
この歴史は7世紀に遡るとエドワード・ワン氏は話します
敵からのヒ素の毒が入っていることもあり、毒味がされていました
韓国の時代劇でもよく見られる光景です
そのためコスト面で、金属製になったとされています
人々は金属製の箸にすることで、コストを抑えていました
ではなぜ箸が平なのでしょうか
素材を効率よく使うためですね
他にはコリアン・バーベキューで、箸を傷めないためだとも言えます

日本の寿司の影響を受けて、中国のお持ち帰り文化ができました
こんな訳で今ではどこでも、この3種類の箸を見つけることができるのです

続きを読む