海外「日本は唯一の希望だ!」資源の少なさを補う日本の取り組みに先進諸国から賞賛の声

今回は、英エコノミスト誌がここ1ヶ月ほどFBに繰り返し投稿している、
日本のリサイクル事情に迫った映像からになります。

以下が映像内のキャプションの日本語訳になります。

「日本では、家電製品を投棄することは違法である。
 それは日本の徹底的なリサイクル体制の一部なのだ。
 日本には鉄スクラップを回収したいという意向があるのだが、
 それは、資源が限られている国だからだ。

 コンピューター、テレビ、食器洗浄器は全て再生利用される。
 今よりももっと自立的な国になるために、
 現在日本は、98パーセントの鉄をリサイクルしている。

 日本のリサイクルのサクセスストーリーは、
 新たに施行された法律に拠るところが小さくない。
 消費者が新たに家電を購入する際、リサイクル料が発生するのだ。
 そのお金は、政府から補助金も受け取っている、
 リサイクル工場のために使われることになる。

 厳格な法律が、日本にリサイクル文化を確立させた。
 今では、埋立地に向かうゴミは、全体の5パーセント以下となっている」



以上です。

リサイクルに関して、先進国はどこも高い水準にあるはずですが、
それでも日本のリサイクルのシステムは驚異的であるようで、
コメント欄にある賞賛の声の多くは、先進国の方々から寄せられたものでした。

海外「日本はどうなってんだ」 ごみ収集の作業光景に外国人が感動

recycle.png

続きを読む

PickUp Posts

    No items.