海外の反応「なぜ「ユーリ!!!on ICE」はあれほどの人気アニメとなったのか?」

f:id:shikiyu:20170103115623j:plain

How could Yuri!!! on ICE get much attentuon form all over the world?

manga.tokyo

アニメ業界では久しぶりのヒット作となった2016年秋アニメの「ユーリ!!! on ICE」 そのヒットの理由とは?

記事要約:2016年10月から放送が開始された秋アニメの「ユーリ!!!on ICE」は過去数年で最も人気を集めたアニメの一つであり、2016年のハイライトとなった。スポーツアニメが多くのファンを集めるのは不自然ではない。日本にはフィギュアスケートファンがたくさんいるからだ。むしろ今までスケートをテーマにした作品が作られなかったことが不思議なくらいである。

「ユーリ!!! on ICE」の制作に関わった久保ミツロウは日本の漫画家の一人であり、代表作に「トッキュー!!」や「モテキ」などがある。「モテキ」は実写映画化もされている。彼女は「ユーリ」の脚本やキャラクター原案に携わった。

 

1, フィギュアスケート業界とのコラボ

「ユーリ」が成功した理由の一つには洗練された脚本もあげられるが、ディテールへのこだわりはそれを上回っていた。アニメスタッフは元フィギュアスケート選手の宮本賢二氏に振り付け指導の協力を仰ぎ、宮本氏の実際の演技を様々な角度から撮影し、実際のアニメでも使用されている。また、作中に登場するコメンテーターの諸岡久志役には加藤太平アナウンサーが抜擢された。彼らのおかげで近年のアニメにかけている現実性を補うことができただろう。また原作のないオリジナルアニメという要素も新鮮さを与えてくれた。

 

2, シンプルだが心惹かれるストーリー

作品の主人公の勝生勇利は日本のトップフィギュアスケート選手の一人であるが、本番のプレッシューにとことん弱く、グランプリファイナルを最下位という結果で終えてしまう。これから自分がどうするべきか考え直し、スケートを始めた時の最初の気持ちを取り戻すために故郷に帰る。帰省中に自分の憧れの存在であるヴィクトル・ニキフォロフのルーティンの完璧な模倣をした演技を西郡優子に見せるが、彼女の三つ子の娘たちに動画を撮られ、ネットに流されてしまう。動画は瞬く間に世界中に拡散し、彼の演技に目を留めたヴィクトルが勇利の実家の温泉旅館に訪れ、彼のコーチを引き受けると提案する。ここから勇利とヴィクトル、そして世界中の他のスケート選手たちとの物語が始まる...

 

3,魅力的なキャラクター。

f:id:shikiyu:20170103174621j:plain

勝生勇利

11月29日生まれ、23歳

身長は173センチ

好物はカツ丼

本作の主人公であり、長谷津市で育つ(佐賀県唐津市がモデルとなっている。)両親が温泉旅館を経営しており、幼い頃からヴィクトルのファンだった。プレッシューに弱いが、負けず嫌い。彼の誕生日の11月29日にはファンたちがオフ会を開き、カツ丼を食べたそうだ。

f:id:shikiyu:20170103175039j:plain

ヴィクトル・ニキフォロフ

ロシア出身

12月25日生まれ、27歳。

身長は180センチ。

世界フィギュアで5回連続で優勝記録を持つ、カリスマ的スケート選手。

勇利の憧れの選手で、「演技で人々を驚かせる」ことをスタンスとしている。 自分のルーティンの模倣をしたユーリの演技にインスピレーションを感じ、彼のコーチとなることを決意。最近額の面積が広くなってきたことを心配している。

 

f:id:shikiyu:20170103201537j:plain

ユーリ・プリセツキー 

ロシア出身

3月1日生まれの15歳。

身長は163センチ。シニアデビューを果たす。

ジュニアで最高の成績を残し、シニアでも期待が高い選手。

外見は「ロシアの妖精」だが、性格は「ロシアン・ヤンキー」

シニアデビューを果たしたらヴィクトルに振り付け指導をしてもらう約束だったが、ヴィクトルは日本に行き、勇利のコーチとなってしまった。彼を追いかけ、ヴィクトルを連れ戻すために勇利と対決することになる。

 

DVDやBDの売り上げは成功したアニメの一つの基準である。現在、日本では1万枚を超える売り上げを達成すると、2期の製作の可能性がグーンと高まるとされている。その意味では「ユーリ!!! on ICE」も続編の可能性は十分にあると言えるだろう。

 

 

 

 

続きを読む