街がキレイで順番を守る…日本の礼儀正しさに海外大手メディアが絶賛(海外反応)

街がキレイで順番を守る…日本の礼儀正しさに海外大手メディアが絶賛(海外反応)

nihn6849865111119879811016498.jpg

How Japan weaves caring and sharing into all layers of society
どうやって日本は社会のすべての層に礼節をしみ込ませたのか?

・礼儀正しい社会は面倒をみる社会である
オックスフォード辞書は礼儀正しいの定義を「他の人の事を考えて尊重する行動をとること」としている 
たとえばレストランで女性のかばんをどこにおくかっていうのはちょっとした問題だ 日本では買物やかばんをおくバスケットが用意されている レストラン、カフェ、ATM、などでも何かするためにちょっと物を置く所が必ずある 
毎日する事としてはお金のやり取りがある 日本ではレジに小さなお皿がおいてあってそこにお金をおくシステムになっている 不必要なレシートを入れる所もあるんだ
公衆電話は車いすにちょうどいい高さになっているし公共のロッカーもいまだにある

・礼儀正しい社会は順番を守る社会である
生活をスムーズにしていくためによそう出来る様に順番を決めるのは大事な事だ 地下鉄の駅では矢印があって並ぶ場所を示している 電車はちゃんと同じ場所に泊まるのでホームドアがちゃんと役に立つ
 
・礼儀正しい社会は安全な社会である
他人の安全に気を使うのが礼儀正しい社会だ
公衆トイレには子供を座らせる椅子があって大人が手を離しているときに安全を保つ
横断歩道には小さな黄色い旗があって子ども達がもって渡る事ができる 

・礼儀正しい社会は清潔な社会だ
他の人が病気になる事を防ぐのが礼儀正しい社会である 清潔を保つしかその方法はない そのためにバスの運転手は手袋をしてるし、タクシーのシートには白い布がかかっているのだ 他の人の所有地に入るときに靴を脱ぐのは相手を尊重している事をあらわす 日本のトイレの便座は暖かくシャワー機能などもついている 消臭機能や音楽が流れる物もある

・近代社会の考古学
言語学や文化の勉強は人間の行動を理解するのに役立つ しかし考古学は物質文化のみを焦点にしている 私たちは物質社会にすんでいるので行動は周りに何があるかによって決まる 考古学はその社会の核となる価値観をみつけてくれる その社会ではあまりにも当たり前でだれも気がつかない事を そのものがないという事もポイントになる スターバックスやミスタードーナッツなどはアメリカやヨーロッパの雰囲気をだすためにかばんを入れるバスケットはおいていない 

上記の物がすべて日本にしかないというものではない 韓国にも同じようなトイレがあるし点字ブロックはオーストラリアにもある 雨の雫をうけとめるビニールの袋だってニューヨークの高級レストランが起き始めた しかし他者を気遣うための物がこれだけあるのは日本が特殊だからだとおもう 
日本の礼節ってなんだろう? それは他者に対する安全と便利さであり、予想しない所で人が驚かない様にするものであり、自分らしく生きるための物であり、みんなを清潔にしておく事である 

オーストラリアでも日本と似たような事をやってる? イエス! 新しい$5札にはちいさなポッチがついていて目が見えない人がわかるようになっている オーストラリアが日本から学ぶ事はあるか? もちろん 日本の物質文化は人の生活をスムーズにするためのものだ 他の人が必要な物を思いださせてくれる 物質文化をとりいれたら我々の社会も順序正しく、安全で清潔になることだろう

続きを読む