霊剣山 叡智への資格 一話 「帰郷」 雑感と解説


ギャグが多めの一期から、シリアスよりへと作風が変わった二期目。もともとの原作が真面目な修仙ものへのメタ展開を張ったり、パロディ、突っ込みやギャグが多めだったりしながら、本筋は比較的真面目・シリアスな作風とのことらしいので、監督による差異の現れだろうか。中国でも好意的な反応と否定的な反応がそれぞれ見られる。
二期一話は聞いても分からない専門用語が少なかったので、これからもこの程度、或いは公式の用語集が充実すれば、ここで解説する必要も無いかも知れない。

WS016683  続きを読む

続きを読む