「復帰すると聞けて嬉しい」 宮崎駿監督が新作長編アニメに意欲を見せ外国人ファン歓喜 【海外の反応】

2013年に長編アニメの制作の“引退宣言”をした宮崎駿監督が、長編アニメ制作への復帰に向けて意欲を燃やしていることが分かった。13日に放送されたドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿」で、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに新たな長編アニメの企画を見せ、「何もやっていないで死ぬよりも、やっている最中に死ぬ方がまだまし」などと語る姿が紹介された。
番組では、宮崎監督が初めてCGを本格的に使って短編アニメ「毛虫のボロ」を制作する姿を約700日にわたって密着。引退宣言後、「リタイアじじい」などと自称していた宮崎監督が、CGアニメを作り、若き才能と触れ合いながら、“復活”する姿を追った。また、手描きにこだわってきた宮崎監督がタブレットと格闘するなど、意外な姿も紹介された。鈴木プロデューサーは番組について「『毛虫のボロ』は、宮さんにとってCGとの格闘でした。ある時は喜んだり、ある時は絶望したり。その繰り返しでした。宮崎駿は、死ぬまで映画を作る人です。ジブリは、宮さんが映画を作り続ける限り、続きます」とコメントを寄せていた。
(マイナビニュース)

2c610ff0 
引用:https://redd.it/5cq5k1 http://boards.4chan.org/a/thread/149723200 


(海外の反応)


1No infomation万国アノニマスさん 
宮崎駿監督が新作長編アニメ映画に取り組む意欲を見せたようだ


2No infomation万国アノニマスさん
待て、引退したんじゃなかったの?


 unknown万国アノニマスさん 
うん、引退撤回したのは今回だけじゃないよ
宮崎監督にとっての「引退」は何を意味するのか考える良い機会かもしれない
 

3No infomation万国アノニマスさん 
宮崎監督は観念してアニメ制作に夢中なんだと認めるべき
俺達みんなにとってもそれが良いと思われる


Unknown万国アノニマスさん 
ツンデレみたいな人だからな
続きを読む

続きを読む