【中国人の反応】日本人が中国の高速鉄道をどう感じているのか見てみよう!!


161011001.jpg

日本人は果たして我々の高速鉄道をどう見ているのか?
早速その反応を見てみよう!!






山本さんは日本のある旅行会社のガイドで、甘粛と新疆は彼が頻繁にツアーを率いて来る場所だ。以前彼が引率するツアーは主に飛行機を利用していたが、今はすでに高速鉄道が取って代わった。

たしかに日本は世界で最も早く高速鉄道が建造された国だが、しかし中国高速鉄道はこれらの日本人観光客に深い感慨を受けさせた。


ソース
http://www.toutiao.com/a6339448459927011585/



1中国人のお言葉

この中にスパイが混ざってるかも。。。。


2中国人のお言葉

大半が日本のスパイだ!!


3中国人のお言葉

中国の中西部なんかに来る日本人観光客は怪しむべき。


4中国人のお言葉

日本のスパイは中国の至る所にいる。日本人は監視しろ!!


5中国人のお言葉

不法測量しに来たのか???


6中国人のお言葉

平和な時期はガイドだが戦争時にはスパイ。そういうものだろ?


7中国人のお言葉

コメ欄開いてお前らの警戒心が強すぎて笑ったww
それだけみんなが警戒していれば俺は安心だ。


8中国人のお言葉

お前ら中国人が日本に旅行に行くと売国奴だと言うじゃないか。
どうして彼らも地下活動のためだと言ってやらないんだ?


9中国人のお言葉

スパイだとか言ってる奴らはマジ無能。本当のスパイはお前らに
そいつが日本人だとも気づかせないから。


10中国人のお言葉

真面目な話、俺を叩くなよ?日本人はみんなとても礼儀正しく感じる。


11中国人のお言葉

大半の日本人は友好的だ!!でも謙虚すぎる姿勢が嘘臭く感じる。


12中国人のお言葉

俺は日本人が我が国に対してこんなに好感的だなんて信じられないね。
カメラの背後で機関銃で脅されているに違いない。


13中国人のお言葉

一車両すべてが日本のツアー客で、空席に中国人がいない。
これは明らかに偽りの動画だ。


14中国人のお言葉

鬼子の野郎はいまだに我が国の山河や広大な土地に執心のようだな。


15中国人のお言葉

>>14
我々の土地が広大だと言われて、驚きのあまり冷や汗が噴き出したよ。


16中国人のお言葉

この中の老鬼子の中に、当時中国を侵略した奴はいるのかな?


17中国人のお言葉

日本がどうして中国を侵略したのか。それは自分たちの領地が
小さすぎて、我が国の国土資源によだれを垂らしたからだ。
日本を軽視するな!奴らは奇襲が得意な民族だから警戒すべき。


18中国人のお言葉

日本人がどうして恐ろしいか知っているか?
彼ら一人一人の笑顔の背後には・・・・


19中国人のお言葉

実際日本人は友好的で礼儀的だよ。
ただ国内政治の要求からやや報道がネガティブに過ぎただけ。


20中国人のお言葉

日本人は一人一人が清潔だな。見てて気分がいい。高素養で文明的!!


21中国人のお言葉

日本人はもしも政治の問題がなければ付き合える。真面目だし素養もいい。
付き合えないのは韓国人だ。狭量で恥知らずで卑しい。


22中国人のお言葉

俺にはどうしてもこの客がサクラにしか見えない。
或いは俺の日本民族に対する恨みがそう見せているのか。。。


23中国人のお言葉

>>22
報道しているのが中央放送の時点で推して知るべし。


24中国人のお言葉

日本は中国と一緒で隠語文化を持っている。最後の挙手は本心からのものと、
そうでないものがみんな挙手している。中国で俗にいうメンツを与えて
面倒を避けるというやつだ。


25中国人のお言葉

どうしてお前ら素直に受け取れないの?
わざわざ中国の内地まで足を運んでくれた観光客だぞ。。。


26中国人のお言葉

これは二等席だろ?ビジネスシートに座ったら彼らはもっと驚くはずだ。

161011002.jpg


27中国人のお言葉

清末期以降、中華民族は民族の誇りを失って、コンプレックスと盲目的な
西洋かぶれが取って代わった。現在の中国では中国が技術で世界をリードしても
非難に遭う。実用性を疑って、その先進性を疑う。自信のない表れだ。


28中国人のお言葉

彼らは中国の高速鉄道技術が素晴らしいとは一言も言っていない。
ただ風景が素晴らしいと言ってるだけだwwww


29中国人のお言葉

>>28
彼らにとっては交通ツールの一つに過ぎない。
高速鉄道など彼らはとっくに見慣れているからな。


30中国人のお言葉

時間の推移とともに、日本人に称賛されるものもどんどん増えていくよ。


31中国人のお言葉

我々の科学技術はすぐ彼らを超えるか、もしくはすでに超えている。
彼らの凄かった時代はすでに過去のことだ。

続きを読む