【暴行容疑】豪のバイク元世界王者「日本の警察は酷い#」【海外反応】

no title

暴行容疑で逮捕のバイク元世界王者、日本警察の待遇を非難
世界ロードレース選手権(WGP)の元王者ワイン・ガードナー(オーストラリア)氏が29日、暴行容疑で逮捕された際の日本の警察の待遇を激しく非難した。
当局の発表によると、57歳のガードナー氏は今月16日に行われた世界ロードレース選手権(WGP 2016)第15戦の日本GPの会場で、他の観客と言い争いを起こし、相手に暴行したとされている。
約2週間の勾留の末、28日に釈放され、この日オーストラリアに帰国したガードナー氏は、自身の経験を「むちゃくちゃだった」と振り返った。
シドニーの空港に降り立ったガードナー氏は、「もう2度といやだ」と報道陣を前に語った。
ほぼ毎日尋問を受けたというガードナー氏は、「誰とも連絡を取ることができなかった。それが問題だ。12日間留置所に入れられて、コミュニケーションなしだ」と語った。
報道によるとガードナー氏は罪を認めた上で釈放され、3000豪ドル(約24万円)の罰金を納めたという。
「すべてにおいて開いた口がふさがらない。いらいらする。みんな(報道陣)に会えてうれしい」
1987年に500ccクラスで年間王者に輝いたガードナーは、息子でMoto2クラスに参戦するレミー・ガードナーの応援のために日本を訪れていた。
yahoo

日本「やっぱ、東アジアは一致団結して行くべきでしょ」
スウェーデン「世界のみんなっ、日本のコレ・・・食える?」
外国人が思う「1999年までは当たり前だった日常」
続きを読む

続きを読む