【朝鮮半島製】「九州で東アジア最古の刀が見つかった!」【海外反応】

no title

国内最古の「鮫皮巻大刀」発見 宮崎県えびの市 東アジアでも最古
宮崎県えびの市教育委員会は24日、同市島内の島内139号地下式横穴墓(6世紀前半)から出土した大刀に「鮫(さめ)皮巻」と呼ばれる特別装飾を発見したと発表した。国内最古の例で、実物が確認できるものとしては東アジアでも最古となる。鹿児島大の橋本達也准教授(考古学)は「大和政権と結び付いていた被葬者が、朝鮮半島で外交的役割を担っていた可能性が高い」と指摘する。
大刀は、朝鮮半島の百済製とみられる全長85センチの銀装円頭大刀。柄頭や鞘(さや)口などが銀で装飾され、柄に鮫皮巻が残っていた。皮は実際にはエイの皮だった。
橋本准教授によると、鮫皮巻は中国をルーツに当時は朝鮮半島まで広がっており、高級官僚の身分を表象するとされた。現存例では、聖武天皇の遺品とみられる東大寺大仏殿の鎮壇具(ちんだんぐ)がある。
また、全長142センチの木装長刀の鞘口には、「経錦(たてにしき)」が巻かれていた。6世紀前半では全国に4例しか確認されていない高級織物で、刀装具では初めての例という。
地下式横穴墓は、竪穴の底から水平方向に玄室が造られる南九州特有の形態。139号墓では、腐食しやすい皮や繊維が良好な状態だったため今回の発見につながった。上部が粘土質だったことなどから墓内の湿度が一定に保たれ、土に接することなく保存されるという好条件が重なったためだという。
大刀は11月1日~12月25日、同市歴史民俗資料館で公開される。入場無料。
yahoo

英紙「日本で伝統的な子供の幽霊がカメラに!(((( ;゚д゚)))」
【神奈川】100年前のカラー画像、英国にて競売へ。【イギリス】
【さすが日本】豆腐百珍:100年以上遡る日本の料理本がオモシロい
「江戸時代の日本人が描いたアメリカ人の絵があるんだが・・・」
続きを読む

続きを読む