【海外の反応】「当然だ」U16北朝鮮代表の前代未聞の失点に厳罰!GKと監督に1年間の出場停止処分

“2位抜け”を狙った行為に「有罪」 ともに来年のU-17W杯に出場できず

 アジアサッカー連盟(AFC)は4日、U-16日本代表FW久保建英、MF平川怜(ともにFC東京U-18)らが参加した9月のAFC U-16選手権で、前代未聞のゴールを決められたU-16北朝鮮代表の指揮官と選手に対して1年間の出場停止などの厳罰を下した。AFC公式サイトが発表している。

あまりにも大きな代償を払うことに…

 AFCはこのプレーを重く見ている。「北朝鮮U-16監督のス・ヨンジョン、GKチャン・ペクホは後半4分のゴールで意図的にリードを許したことを“有罪”とした」と記し、指揮官に5000ドル(52万5000円)、チャンに1000ドル(10万5000円)の罰金と1年間の出場停止処分、そして2018年に行われるAFC U-19選手権の代表スタッフ、メンバー入りから除外する処分を下している。

 北朝鮮は来年インドで行われるU-17ワールドカップの出場権こそ得た。しかし不自然すぎるゴールの代償として、指揮官は采配を振るえず、GKは自ら成長の機会を失う形となってしまった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161105-00010004-soccermzw-socc

North Koreas goalkeeper Jang Paek Ho reacts after his massive howler against Uzbekistan in the Under-16 Asian Championships

続きを読む