【NY】男性の懐に入った電子タバコが想像以上に爆発【海外反応】

no title

電子たばこがポケット内で爆発、バッテリーが発火か
ニューヨークのグランド・セントラル・ターミナル駅構内のワイン販売店で11月23日、従業員の男性のズボンの中にあった電子たばこが突然、アメリカ独立記念日を祝う花火のように爆発する事故が発生し、男性は病院に搬送された。
この動画では、ワイン販売店「セントラル・セラーズ」従業員、オーティス・グッディン(31)さんが店のカウンターの中にいる時、ポケットの中の電子たばこが突然爆発する様子が撮影されている。
ABC7ニュースによると、「グッディングのポケットが火に包まれたんです。火花もあたりに飛び散って、独立記念日を祝う花火じゃないかと思ったくらいでした」と、同僚のジョン・リーさんは話した。「グッディングのポケットには花火がたくさん入っていたのかと一瞬思いましたが、その後で爆発したのは電子たばこだと分かったんです」
リーさんは、グッディングさんが持っていた電子たばこは、ハイボルテージのバッテリーを使うものだったと話した。しかし、爆発するような兆候はなかったという。
ABC7ニュースによると、グッディングさんは手と脚に火傷を負い、駅付近の病院に搬送された。グッディングさんの弁護士は、「手術が必要になる」と話した。
今回の事故のように、バッテリーを使う装置が爆発する同様の事故が急増している。
電子たばこなどの装置は多くがリチウムイオンのバッテリーを使っており、これまでにスマートフォン、ノートPC、ホバーボードなどの爆発事故が報告されてきた。そのような事故を受け、アメリカ運輸保安局は飛行機内への手荷物の中に電子たばこ、サムスン製のスマートフォン「Galaxy Note 7」、ホバーボードなどの持ち込みを禁止した。
雑誌「コンシューマー・レポート」によると、こうした爆発事故は、製造上の欠陥によるものが多いのだという。
リチウムイオン電池は、リチウムイオン電池は、バッテリー内部の2つの電極を物理的に隔離するセパレーター(隔離板)を搭載している。電極どうしが接触すると、高エネルギーを放出し、極度の高熱となる可能性がある。
「隔離板は非常に薄くなっています」と、バッテリー機器製造企業Cadexの創設者のイジドー・バックマンCEOがコンシューマー・リポート誌に語った。「これが進むと、この種の電池はより最新の注意が必要になります」
アメリカの消防局によると、2009年から2014年の間に発火した電子たばこのうち、80%が充電中に発生していたことが明らかになった。この値は報告された件数から算出したものだ。
使用中の発火は8%だけだと判明した。これらの場合、利用者が歯や視力を失ったケースもある。
huffingtonpost

このネコ、雑種なのに300万?@@; 海外「無理もない。カワイイ・・・」
【東京】「お前等は、犬猫の殺処分についてどう感じてるの?」
続きを読む

続きを読む