オリーブ和牛!?西洋料理のために進化した和牛の魅力に外国人絶賛(海外反応)

オリーブ和牛!?西洋料理のために進化した和牛の魅力に外国人絶賛(海外反応)

ori-buwagyuu50516849330220035464846565.jpg

三ツ星レストラン、ジャン・ジョルジュ東京の米澤文雄シェフはニューヨークと日本で活躍しているんだよ 彼のパッションはアメリカと日本の牛肉料理なのだけど、最近は特にオリーブ和牛に凝っているんだって



米澤シェフはニシオ農場のオリーブ牛を使っているんだ 実際にニシオ農場で彼にインタビューができたよ

投稿者
「どうしてニシオ農場の牛を選んだの?」

米澤シェフ
「ここのオリーブ牛は特に味や食感がいいんだ」

投稿者
「特に使いたい部位とかあるの?」

米澤シェフ
「足かな 普通の牛肉は足の部位は固いんだけど、オリーブ牛はそんなことはないんだよ ジャン・ジョルジュではあまり脂肪がある肉は使いたくなくて、しっかりと肉を味わえる牛肉を使いたいんだよ」

ニシオ農場でのインタビューの後、米澤シェフがオリーブ牛の食事会に招待してくれたんだ 政府関係者や生産者、あとは関連業者の人たちが一緒に招待されていたよ

前菜うちもも肉を使ったマリネだよ これはサーロインの部分でそこまでテンダーだったり硬かったりしないんだけど、ちょうどいい具合で口の中でほどけるんだ ニューヨーク・ストリップのような食感だね 肉自体に味があって、強い味のソースともよく合うね この筋に反しての切り方もこの肉にはとてもいいね

次はミスジ肉を鳥と煮込んだものなんだ コンソメが冷えていてゼラチンみたいで面白いね ああ、とても味わい深いよ チキンの味もはっきりわかるけど、最後にビーフの味が来るんだよ とても肉の味がしっかりしているね

メインはサーロインローストの黄色ズッキーニ、パルメザンチーズ、ホットチリ・バターソース添えだ これはとても大きいステーキだね レアに仕上げてある バターナイフでカットできるんだ

次は牛フィレ肉 すごくおいしいね パルメザンチーズの香りがするね とても柔らかくて、ほら見て、こんな風にフォークで引っ張るとほどけるんだよ とても素晴らしい

今回の食事会で関連業者や、生産者、政府関係者に会うことができて、オリーブ牛に関連するすべてのアスペクトを見ることができたんだ オリーブ牛はとてもポジティブなプロダクトで、愛を注ぎ込んだ肉が皿に盛られた時、違いがわかるってことを実感したんだ 本当に素晴らしいね

続きを読む