リベロ長谷部が躍動し相手を完封 サポ「既にフィットしてる」

昨シーズンは16位と低迷したフランクフルト。それでも長谷部は苦戦中のチームの中で様々なポジションをこなしながら残留に貢献、存在感を発揮していました。

今シーズンの長谷部の仕事もあちらへこちらへと忙しいもので、時には最終ラインに入りチームの底から各タスクをこなすことも。これが見事にハマって、中でも正確なフィードを送ってのゲームメイクはチームにテンポを与え、フランクフルト戦術のコアの一つとして機能しています。

ブンデスリーガ第9節はボルシアMGとのアウェーマッチ。長谷部が最終ラインから試合を整えた一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

続きを読む