中国のW杯出場が絶望的に、監督が辞任(海外の反応)

tr
【10月12日 AFP】2018年サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア最終予選でウズベキスタンに0-2で敗れた中国代表の高洪波(Hongbo Gao、ガオ・ホンボ)監督が11日、辞任した。国営新華社(Xinhua)通信は、高監督が試合後の会見で「私は代表チームを去る。体調不良がその理由だ」と話したと伝えている。 中国はホームで行われた6日のシリア戦を落とすと、この日は敵地タシケント(Tashkent)でウズベキスタンに敗戦。4試合を終えて獲得したポイントは、イランと0-0で引き分けたことによる勝ち点1だけでグループAの最下位と沈み、本大会出場は絶望的な状況となっている。以下略
海外の反応をまとめました。

続きを読む

続きを読む