中国人「中国軍が倒した日本軍:8年間で45万人、ソ連軍が倒した日本軍:6日間で75万人、この差ははんなのか?」

161117-1-001.jpg

日中戦争で、中国軍は八年間にわたって45万の日本軍兵士を殺したのに対して、ソ連はわずか6日間で75万を殲滅した。この差はなんなのか?

1937年戦争勃発から1945年8月15日まで、日中戦争は八年間も続いた。戦後の調査では、日本軍が中国で中国軍の攻撃を受けて、怪我をしたり死亡したりした兵士のの数は137万だった。そのうち死亡した兵士の数は45万で、8000人が捕虜となった。

しかし、1945年8月9日に、ソ連が日本関東軍を攻撃し始めてから、日本降伏までのわずか6日間で、75万人の関東軍が戦死し、60万人が捕虜になった。その差はなんだったのか。



続きを読む