八重歯にガングロ!?外国人が『なぜ!?』と感じる日本の25のことが海外で話題に(海外反応)

八重歯にガングロ!?外国人が『なぜ!?』と感じる日本の25のことが海外で話題に(海外反応)

yaeba550055050497930305498798.jpg

25 Weird Things About Japan That'll Make You Say, "But Why?"

日本について、外国人が「なぜ?」と思うこと25

1.メロンがめちゃくちゃ高い 下手すると300ドル以上する
2.日本はコーヒー好き ジャマイカの1年間の総生産量の約85%を日本が輸入している
3.日本の識字率はほぼ100% 規律正しく教育熱心な国なのだ
4.日本ではトイレを使う際に特別なスリッパをはかなくてはならない また、日本の浴室はシャワー専用の場所がないため、床が濡れていることがよくあるからだ
5.八重歯はファッション わざわざ八重歯にする若者もいるほどだ

6.音を立ててすするのは日本ではいいこと 特にそばは大きな音を立ててすするもの それはシェフに対する賛辞なのだ
7.KFCはクリスマスメニュー 日本ではクリスマスを祝う風習はなかったが、七面鳥が手に入らない外国人がKFCで代用するのを見て日本人も真似するようになった
8.指をひとの尻につきたてるのは悪いいたずらだ 1000年の痛みが走る「カンチョー」は学校の校庭ではよく行われる 「カンチョー!」と叫びながら、手を銃の形にして突き上げるのだ
9.カラオケという言葉の意味は、「空っぽのオーケストラ」 だからあなたが昨夜楽しんだのは、空っぽのオーケストラなのだ
10.「添い寝屋」という商売がある 昨年東京にオープンした添い寝屋では、男性客が金を払って隣に女の子に寝てもらう 性的な関係はお断りだ

11.日本の学校には清掃員がいない そのかわり、生徒は毎日自分たちで掃除をする 掃除の時間が決められ、教室の床を掃いたりトイレの掃除をしたりするのだ
12.かつて日本の女性は歯を黒く染めていた むかしは白い歯は醜さの象徴とされていた
13.仕事中の居眠りはいいこと 日本の労働者は、仕事中の居眠りも契約に入っている 長時間働いているしるしだ
14.黒い肌が日本の流行 欧米社会とは逆だ 「ガングロ」は東京で流行最先端の若い女の子たちが、白い肌に黒い髪、控えめな化粧という古い概念に対抗するために始めたもの

15.ラブホはどこでも見かける 時間単位で部屋を貸し出し、ふたりきりで過ごしたいカップルが利用する 宿泊より料金は安く、部屋ごとにテーマが違うところもある
16.フグを捌くことは大変な仕事だ 11年もの真剣な修行を積んでやっと、フグの毒を取り除くシェフになれる もしきちんと捌いていないと、そのフグを食べた人は死んでしまう フグを捌くには免許がいるのだ
17.日本には裸で行う祭りがある 「はだかまつり」で男たちは服を脱ぐ 古代日本では、神に近づくためには裸に近いほうがいいと信じられていたからである
18.日本には自殺の森がある 富士山のふもとにある青木ヶ原樹海は、サンフランシスコの金門橋に次ぐ、世界で2番目に有名な自殺の名所だ
19.部屋から一歩も出ないという日本人男性はたくさんいる いわゆる「ひきこもり」で、自分の部屋に閉じこもり他人と関わることを拒否する うつや社会的不安と深く関係しているという心理学者もいる
20.日本ではカプセルの中で眠ることができる カプセルホテルは日本の大阪が発祥で、小さなカプセルの中で眠るだけのスタイルだ

21.日本では生の馬肉は人気のメニュー 「バサシ」は珍味なのだ
22.世界最高級のマグロは日本にある 東京の築地市場で、593ポンドのマグロが73万5千ドルで落札されたことがある
23.日本にはウサギだらけの島がある 瀬戸内海に浮かぶ大久野島には、何千羽の野生のウサギが暮らしている
24.世界一短いエスカレーターは、日本の川崎にあるデパートにある なんとたったの5段だ
25.日本には世界最古の会社がある 金剛組という会社で、創立は西暦578年だ

続きを読む