日本にいるのは白人だけじゃない!見えない外国人として日本に住むアジア人の意見に海外称賛(海外反応)

日本にいるのは白人だけじゃない!見えない外国人として日本に住むアジア人の意見に海外称賛(海外反応)

ajiajin50505161897966600665848.jpg

ASIAN AND GAIJIN: WHAT IT’S LIKE TO BE AN INVISIBLE FOREIGNER IN JAPAN

アジア人の外人 ~見えない外国人として日本に住む~ ジョイス・ワング

日本にいる外国人は大抵、日本語がしゃべれないと思われていることに不満を持っているの でも私はちょっと違う体験をしているわ

先日電車の中で外国人たちが私の服装を褒めていたの もちろん私のことを日本人だと思って、彼らの喋っている内容がわからないことを前提に 褒めてくれてたんだから、別に嫌な思いをしたわけじゃないんだけどね
このあいだニュースで見たんだけど、それによると、日本での外国人の体験談ってほぼ白人の男性によって書かれているんだって そしてアジア人女性の体験談が一番少ないんだそう

私も一人のアジア人女性(中国系カナダ人)として、普段よく目にする外国人の体験談にはちょっと違和感を感じていたの だから私のように感じている人たちのためにも私の経験を書いてみることにしたわ

JET のオリエンテーションで外国人のみんなと初めて東京の街を歩いた時は、他の外国人同様、「外人」として日本を見ていたの でも私の住む町についてほんの数日で気づいたの、私が何か言わない限りはみんな私が外国人だとわからないんだって

アジア人同士ってお互いの出身国がわかるって思われているんだけど、そんなの迷信ね ただ初めのうちは言葉の問題はもちろんだけど、やはり色々なことがわからなくてすぐに外国人だってバレてしまってたの でも日本語が上達するにつれ、日本人っぽい服を揃えて、そして日本人らしい振る舞い方を覚えるにつれ、だんだん気付かれなくなっていったの

よく耳にする日本人の親切さや、英語の練習のために若い子たちに話しかけられたりすることとか、私は全く感じなかったの だから、「日本人vs.外人」、「私たちvs.彼ら」っていう括りに対してどっち付かずで自分の立場がよくわからなくなる時が多かったわ 他の外国人に比べて、「見た目が日本人」というだけで、日本語がわからなかったり、日本のことについて知らなかったりすると、余計にプレッシャーを感じることもあったと思う

でも私、生まれて初めて「人種的多数派」になるという経験をしていたの カナダでは人種的マイノリティーだった私にとって、今まで必死に中国人的な考えや在り方と戦ってきたの でも、私の見た目は日本人と変わりなく、中国と文化的共通点もある(私のルーツは中国人)ここ日本で、日本の文化を学び吸収していると、自然と私の中国のルーツも受け入れることができるようになったの

 カナダでも日本でも、無理に異文化に溶け込もうとするっていうことが、自分に嘘をついているってことに気づいたみたい もしまた日本に住むことがあれば、その時はもっと自分に自信を持って、どこにいても私で居られる、私がいるべきはここって思えると思うの

続きを読む