海外「ぜひ行きたい!」日本の33もの祭りなどが世界遺産決定!海外から祝福の声(海外反応)

海外「ぜひ行きたい!」日本の33もの祭りなどが世界遺産決定!海外から祝福の声(海外反応)

山・鉾・屋台行事、無形文化遺産に登録決定 ユネスコ

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)は30日(日本時間1日)、「山・鉾(ほこ)・屋台行事」を無形文化遺産に登録すると決めた。エチオピア・アディスアベバで開かれたユネスコの政府間委員会(24カ国で構成)で採択された。

 登録が決まったのは、「角館祭りのやま行事」(秋田県仙北市)や「秩父祭の屋台行事と神楽」(埼玉県秩父市)、「高山祭の屋台行事」(岐阜県高山市)、「長浜曳山(ひきやま)祭の曳山行事」(滋賀県長浜市)、「博多祇園山笠行事」(福岡市)、「唐津くんちの曳山行事」(佐賀県唐津市)など東北から九州まで18府県の33行事。専門家やNGOでつくるユネスコの評価機関が事前審査し、10月末に登録を勧告していた。

 33行事は地域社会の安泰や災厄よけを願って、文化の粋を凝らした飾り付けが特徴の「山・鉾・屋台」を巡行させる祭礼(国重要無形民俗文化財)。

 無形文化遺産は、有形の文化財の保護・継承を目的とした世界遺産と異なり、芸能や祭り、社会的慣習、伝統工芸技術などが対象。これまでに世界で336件が登録され、日本からは歌舞伎や能楽、和紙、和食など22件が登録されている。

20161201ax01_p.jpg

続きを読む