海外「とても悲しい」日本の暗い時代の象徴?『姥捨山』が海外で話題に(海外反応)

海外「とても悲しい」日本の暗い時代の象徴?『姥捨山』が海外で話題に(海外反応)

ubsuteama084988889981156165.jpg

投稿者
姥捨山は日本の暗い時代の象徴の一つだが、そのようなことは現実に行われていたのだろうか?

姥捨山伝説
歩けない老人を奥山に捨てる慣習に種々の事件が伴う伝説。その代表的なものが信州(長野県)更級(さらしな)の姨捨山(おばすてやま)にまつわる伝説である。
 伝説の型は二つある。その一は、昔、国王から老人は不要だから捨てよとの命で、ある孝行者は、この法令が守れず家の中にそっと隠しておいて、のちに他国からの難題を、隠しておいた老人の知恵で解き、褒美をもらった、という型。その難題には、蟻(あり)通し、木の本末の別、馬の親子や蛇の雌雄の識別、灰の縄、打たぬに鳴る太鼓など種々あり、昔話の「灰縄千束」「打たぬ太鼓に鳴る太鼓」などに変化したものもある。『俊秘抄(しゅんひしょう)』上や『袋草子』4に伝わる蟻通(ありどおし)明神の話や、謡曲『蟻通』にもなっている。難題型の棄老説話は『雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)』巻1「棄老因縁」に基づくもので、『今昔物語集』巻5の32、『打聞集(うちぎきしゅう)』第7、『雑談集』巻4などに載せられる。

続きを読む