海外「不公平だよ…」日本に開国を迫った『黒船来航』が海外で話題に(海外反応)

海外「不公平だよ…」日本に開国を迫った『黒船来航』が海外で話題に(海外反応)

kurohune008489495656556510110568.jpg

黒船来航
黒船来航(くろふねらいこう)とは、嘉永6年(1853年)に、代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が、日本に来航した事件。当初久里浜に来航したが、当時久里浜の港は砂浜で黒船が接岸できなかったことから、幕府は江戸湾浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)に誘導した。アメリカ合衆国大統領国書が幕府に渡され、翌年の日米和親条約締結に至った。日本では主に、この事件から明治維新までを「幕末」と呼んでいる。

続きを読む