海外「公式に英語翻訳した日本のラノベを月額固定で読めるサービスが開始したぞ!」:日本のライトノベル配信サービスに対する海外の反応

jnovel
credit:J-Novel Club

アニメの人気から日本のライトノベルも徐々に海外に向けて販売されるようになってきています。
そして先日、J-Novel Clubというサイトが全世界に向けてサービスを開始しました。
これは日本のラノベを英訳した電子書籍を配信するサービスで、ユーザーは月額4.5ドル(約500円)で会員になる事が出来ます。
このサービスに登録されている作品は毎週40ページほどが英訳されて配信され、会員はAndroidやiOSのアプリで読む事が出来ます。
J-Novel Clubはホビージャパンとオーバーラップ文庫とパートナー契約を結んでおり、現在は『オカルティック・ナイン』、『僕の妹は漢字が読める』、『君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル>』、『姉ちゃんは中二病』、『最果てのパラディン』、『灰と幻想のグリムガル』、『異世界混浴物語』、『俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?』等が配信されています。
J-Novel Clubに対する海外の反応です。

公式サイト:J-Novel Club


続きを読む

続きを読む