海外「日本は不死鳥のような国だ」 『日本のイメージが変わる4つの事実』が話題に

今回は、「日本に対するイメージが変わる4つの事実」という投稿から。

挙げられた4つの事実は以下になります。

1. 賃金格差が他の主要国に比べて小さい

 日本の経営者は過剰な給与を自分たちに設定しておらず、
 一般的に税引前の給与の格差は低い。
 日本は経営者と社員の給与差が世界一少ない国の一つであり、
 アメリカが354倍の差があるなか、日本は67倍である。


2. 働く女性の割合が増えている

 かつて日本の女性は、結婚を機に会社を辞めることになり、
 家の中で子供を育てることが仕事になっていた。
 しかし徐々にそれも変わり、現在日本の働く女性の割合は、
 下がりつつあるアメリカとは大きな差がなくなっている。
(※最新の統計では日本がアメリカを上回っている)


3. 日本は今なお革新的な国である

 世界の革新的な企業トップ100に入る日本企業は1割に迫り、
 その数はアメリカに次いで世界第2位。
 急成長を遂げる中国やインドよりも上である。
(米国:40社、日本:8社、中国:7社、英国:7社、インド:5社)


4. 日本は外国から確固たる名声を得ている

 ほとんどのアメリカ人は日本や日本人を好意的に見ている。
 戦後70年の節目にピュー研究所が行った調査によると、
 アメリカ人が抱く日本人のイメージは圧倒的にポジティブなものだった。
 (勤勉:94%、 創造的:75% 誠実:71%)


以上になります。
他の面も含め、日本のポジティブな面を評価する声が相次いでいました。

FlagofJapan.png

続きを読む