海外「日本よ、さすがだ!」 日本の鉄道車両の洗車方法に外国人が衝撃

今回は、日本の車両洗浄装置への外国人の反応です。

鉄道の車両洗浄装置は車両基地に設置されており、
JRだけでも90以上の基地にそれぞれ複数存在しています。
仕組みは自動車の洗浄装置とほとんど同じながら、
架線との接触を避けるため、左右独立のものが大半を占めています。

JR東日本によると、車両の側面の洗浄は機械によって行われますが、
正面は車両により形状が異なるため、すべて手作業で行うそうです。

今回ご紹介する映像は、小山車両センターにおける洗車風景。
外国人には日本の鉄道車両は綺麗で清潔というイメージがあるようで、
その理由として、この機械の存在を指摘する声が相次いでいました。

海外「世界は日本に学ぼう」 日本の鉄道の清潔ぶりに外国人が感銘

06-11-01.png

続きを読む