海外「日本人が羨ましい!」 伝統的な和傘があまりにも美しいと外国人に大人気

今回はアート系のサイトによる和傘にスポットを当てた投稿から。

傘が中国大陸から日本に伝えられたのは、欽明天皇の時代の552年のこと。
元は日傘として用いられていましたが、日本独自の進化を遂げ、
室町時代に和紙に油を塗布し防水性を持たせることで雨傘となり、
更にろくろ(傘骨をつなぐ大本)を使って開閉させる事を可能にしました。

さて、翻訳元では、雪降る神社の中和傘を差して歩く神職の方や、
和傘を差す着物姿の女性の姿などの写真が紹介されています。
外国人の目には、日用品を超えて、芸術の一種に映るようで、
主に西欧の方々から驚くくらい絶賛されていました。

海外「こんな綺麗な街他にない」 京都 雨の花街の美しさに外国人が感嘆

13092125_10154481056013676_3872774511931785895_n.jpg

続きを読む