海外「激動の人生だった…」 三笠宮親王殿下の薨去に海外からも悲嘆の声が殺到

昨日の午前、昭和天皇の14歳年下となる弟君で、
天皇陛下の叔父君にあたる三笠宮崇仁親王殿下が心不全のため薨去されました。
記録に残る皇族の中では最高齢となる、100歳でした。

第二次世界大戦中は陸軍の参謀として中国に赴任経験があり、
戦後は中東などの古代オリエント史の研究者として活躍され、
東京女子大学では教壇に立たれたこともあります。
また、最近まで「日本・トルコ協会」の名誉総裁を務められ、
両国の親善にも尽力されていました。

国際親善に務められてきた三笠宮親王殿下の薨去ということで、
関連記事などには海外からも多くの悲嘆の声が寄せられていました。

as20141201004011_comm.jpg

続きを読む