海外の反応 「「君の名は」の新海誠監督「まだまだポスト宮崎駿には程遠い」」

f:id:shikiyu:20161115233546j:plain

Makoto shinkai commneted "I have been overestimated. I can't be like Hayo Miyazaki"

www.oricon.co.jp

君の名は。」の大ヒットで「ポスト宮崎駿」と評価されていることに対し、新海誠監督は「宮崎駿監督と並ぶことはできない。過大評価です。」とコメントしました。個人的には新海監督の作品はとても好きで、「言の葉の庭」を見た時から大ファンなのでこれからもどんどん活躍して欲しいと思っております。今回はこの新海監督のコメントに対する海外の反応をまとめます。

1, 海外の反応

Because of the film's huge commercial success, Japanese media have started considering Shinkai as the successor to internationally acclaimed anime director/animator Hayao Miyazaki.

意訳:「君の名は。」の大ヒットにより、日本のメディアは新海監督を「ポスト宮崎」と賞賛し始めている。

 

この評価はあまり好きではないな。

新海監督は自分のスタイルを持っているわけだから、宮崎監督の後をただ追うのではなくて、自分自身の道を歩んでほしいよ。


2, 海外の反応

↑君の言う通りだね。

新海監督や細田監督が宮崎駿監督と比べられると、ちょっと嫌な気分になるよ...

彼らはそれぞれ自分の個性やユニークさを持っているのだから、そこを注目してほしいんだ。


4, 海外の反応

宮崎駿監督の後継者。「ポスト宮崎」。

という言葉は特にそれ自体は意味を持っていないと思うよ。

新海監督の作品がそれほど世界的に大ヒットしている、ということを言いたいんだと思うな。


5, 海外の反応

↑宮崎監督に次ぐ有名なアニメ監督になったというわけだね!

彼なら自分の持ち味を活かしながら、また素晴らしい作品を描いてくれるさ!


6, 海外の反応

新海監督と宮崎監督はアニメに対する価値観からして違うと思うな。

宮崎監督は毎日何時間もアニメのひとつひとつのセルやフレームをチェックしているそうじゃないか。

誰も宮崎監督とは似ていない、というよりも彼のようになろうとしてもできないだろうね。


7, 海外の反応

宮崎駿監督はアニメ制作に関してはまさに怪物だよ。


8, 海外の反応

↑アニメ映画界の手塚治虫みたいな人だな。すごすぎるよ...

新海監督は彼を超える必要はない、というかいくら彼でも無理だろうな...


9, 海外の反応

宮崎駿監督は長編アニメに復帰する可能性が噂されているよね。

これは「君の名は。」の大ヒットと関係があるんじゃないかな?

偶然の一致とは思えない。


10, 海外の反応

新海監督は本当に謙虚な方だね。彼の姿勢は尊敬に値するよ。


11, 海外の反応

新海監督は宮崎監督の後を追う必要なんてないよ。

ただあなたらしくあればいい。

作品に自分自身の思いを込めることで、そのアニメがあなたを表してくれるのだからな。


12, 海外の反応

新海監督もジブリの「紅の豚」を見たのか。

俺もあの作品大好きだよ!


13, 海外の反応

もちろん、新海監督は宮崎駿にはなれないよ。

あなたはもっともっと高みに行ける人だ!


14, 海外の反応

要するに、みんな宮崎駿監督の作品をもっともっと見たいんだよな。

でも彼はもう結構な高齢だ。

宮崎監督に最も近いであろう新海監督に期待しているのだと思うよ。 


15, 海外の反応

↑「ポスト宮崎」に細田監督が就くべきだと個人的には思うんだけどな...


16, 海外の反応

宮崎監督のあの異常とも言える細部へのこだわりは誰にもできないと思う。

彼と他のアニメ監督との違いはそこだよな。


17, 海外の反応

新海監督の謙虚さは賞賛に値するよ。

新海監督も宮崎監督もどちらも尊敬している素晴らしい人たちだ。


18, 海外の反応

日本の文化はアメリカとは違うんだよ。若者は年配の方を敬わなければいけないんだ。

 もしも新海監督が傲慢な人で、先輩である宮崎監督をけなすようなことをしたらメディアの袋叩きになっていただろうね...

彼のアニメ監督としての人生も終わっていたかもな...


19, 海外の反応

宮崎監督は自分が「日本のディズニー映画監督」と言われているとを知っているのかな?


20, 海外の反応

ひとつだけはっきりしていることは、新海監督は自分自身の良さを理解しているとうことだな。

 これからも個性を最大限に生かした作品を作り続けて欲しい!


続きを読む