米・研究グループ「人間が生きられるのは125歳まで」【海外反応】

no title

”人間の寿命の限界は125歳” 平均寿命は伸びている一方、110歳以上は減少傾向
アメリカのアルベルト・アインシュタイン医学校の研究グループは、人間の最長寿命は125歳だとする研究結果を発表しました。
世界40カ国以上の死亡率などのデータを元に算出したもの。世界の平均寿命が伸びている一方、100歳を超える例は非常に少ないとしており、日本・フランス・アメリカ・イギリスの4つの国で110歳を超える人を調べたところ、1970年代から1990年代初頭の間で急速に増加したものの、1990年代後半以降は減少傾向にあるとされています。
人間が125歳を超えて生きられる可能性は1万分の1以下となるとのこと。医学の進歩によって平均寿命が伸びている一方、最長寿命は120歳付近で停滞していることは以前から指摘されており、それを裏付ける研究結果といえそうです。
人間が125歳を超えて生きられる可能性は1万分の1以下となるとのこと。医学の進歩によって平均寿命が伸びている一方、最長寿命は120歳付近で停滞していることは以前から指摘されており、それを裏付ける研究結果といえそうです。
yahoo

「結局さ、なんで日本人って長生きなのよ?」
【頭突きのお稽古】ヒツジ「ね?こうやるんだよ?いい?」 牛「・・・・・・」
牛「わっ、可愛いこの子=^^=」→興奮→テケテケテケ→バイク「・・・」
【巨大化】英紙「日本で、7年間生き延びた『餌』が見つかる」
続きを読む

続きを読む