衛生にインフラ整備!日本政府のアフリカへの継続的な援助に海外感動(海外反応)

衛生にインフラ整備!日本政府のアフリカへの継続的な援助に海外感動(海外反応)

ahurika5500511516497777898453033053484989.jpg

Japan in Africa
Building resilient health systems

8月27日、第六回目アフリカ援助東京国際会議(TICAD)がケニアのナイロビで開かれる

 1993年に設立され、TICADは日本がアフリカ開発の主導権を握ることのカギとなっている TICADはアフリカ自身で開発することを促進させそのことを尊重していて様々なパートナーシップを握っている
 2013年のTICADで日本の首相の安倍晋三首相はアフリカは今世紀の中頃までに世界の成長国となると予測した 彼は鉄道道路をつくる権利を得ることに集中している

 数年前からアフリカはすさまじい発展を遂げている アフリカの国々は毎年5パーセントは経済が成長していて今までで一番発展を早く遂げている国々なのだ
 しかしながらテロリズムを含む暴力や、エボラ出血熱など健康問題など様々な新しい発展を妨げる問題が起こっている

 そこでTICADは3つのことに集中して今回の会議を進めようとしている その三つのこととは、健康制度の立ち直り、経済の多様化、そして社会的安定である 特にこの会議では日本が継続して行っているアフリカの水や公衆衛生、農業も含めた健康分野についてアドバイスを与えることになるだろう

 アフリカの健康システムを確立させ公衆衛生を改善することはアフリカの経済を助けることにも繋がる アフリカのほとんどの国で65から70パーセントの労働力が農業に使われていてアフリカでの一番の雇用先が農業である つまり健康制度を発達させることは農業の発展に貢献することになり経済維持につながりTICADの課題を握ることになるのだ そこで日本政府は様々な日本人をアフリカへ派遣させ、健康についての教育や農業についての正しい知識を教えるなどしている

 TICADはアフリカが21世紀の半ばまでさらなる発展を遂げられるよう今後様々な対策を取っていくつもりである

続きを読む