先日11日、東日本大震災から6年を迎えました。
警察庁によると、震災による死者は3月10日現在で1万5893人、
今もなお行方が分かっていない方も、2553人いらっしゃいます。
また、故郷を離れ、プレハブの仮設住宅や賃貸住宅、
親族宅に身を寄せる避難者は、全国で12万3000人に上るそうです。

震災が起きた際、日本には世界中から多くの義援金が集まりました。
中でも台湾からは約253億円という巨額の義援金が寄せられ、
そのことに驚きと感動を覚えた方も多いのではないでしょうか。

台湾に対する感謝の気持ちはすべての日本人が抱いているものかと思いますが
(もちろん支援してくれたすべての国に対してもですが)、
6年が経った今も、台湾に行って直接現地の方々に感謝の気持ちを伝える方、
現地でイベントを開催して感謝を伝える日本人留学生グループ、
そしてSNS上に感謝のメッセージを投稿する日本人が大勢いらっしゃいます。
今回は、そんな感謝の気持ちを忘れない日本人に対する反応になります。

被災地から送られた『ありがとう』に外国人涙・涙・涙 -海外の反応-

223425_1793924200748_1018963987_31597699_5951074_n.jpeg