今回は、生のすぅのボーカルです。それでは、どうぞ。