今回は海外で話題になっている、剥がれにくい絆創膏の貼り方からです。

現在一般家庭でも使われている救急絆創膏は、
ジョンソン・エンド・ジョンソンのアール・E・ディクソンが考案し、
1921年に「バンドエイド」の名で販売しました。

後にジョンソン・エンド・ジョンソンの副社長となるディクソンは、
新婚当時の妻が度々台所で怪我を負っているのを見て、
一人でも手当てができる包帯を作れないかと思い立ち、
「バンドエイド」の原型を考案したそうです
(当初の「バンドエイド」は大きく、必要な分だけ切って使った)。

切り傷が出来た時などには非常に助かる絆創膏ですが、
難点の一つは、指、特に関節部分に貼ると取れやすいことでしょうか。
今回ご紹介する映像は日本の方が製作したものなのですが、
一工夫した貼り方で、見事にその難点をクリアしています。

画期的な方法に、驚きの声が数多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「日本、この偉大な国よ」 日本の医療のあり方に世界中から賞賛の声

bandaidhack.jpg