【中国&イギリス】ある国にとってはゴミでも、ある国にとっては宝物【ポーランドボール】


    WS000006_20161021202204ada.jpg

    遥か昔 中国 紫禁城にて
    明B「皇帝は新しい発見と発明についてお聞きになるんね。価値ある報告をせいよ」
    明「陛下、創意溢れたとても役立つ発明を持ってきたんね…太陽が上り落ちる方向を示す道具よ…お見せすんね…コンパスよ」


    WS000007_2016102120220537f.jpg

    明皇帝「それで何のために使うんね?」
    明「我らが偉大なる船が新しい土地へたどり着き新たな富を―」
    明皇帝「我が船は既に海の向こうのバーバリアンの元から供物をもってやってくんね。これ以上探検する必要はノーよ…グッディな発見だがつまらんいんぐ。他にはなにがあんね?」


    WS000008_201610212022076d6.jpg

    明「世界で最も貴重な原料として知られてるもの。火薬を献上するんね!この黒色火薬は凄まじいボーンボーンパワーを持ってんね。デモンストレーションするんで爆発するんを見ててね」
    明皇帝「それを何に使うんね?」
    明「銃よ。メニー銃ね」


    WS000009_20161021202208185.jpg

    明皇帝「ナンセンス。栄光ある中国は既に世界で最も尊敬されかつ恐れられている国ね。爆発で夜を彩るために火薬を使うんよ。きっと楽しいんぐ。もはや発見されるものといえば娯楽に使うものばかりね」


    WS000010_201610212022030e3.jpg

    明皇帝「くだらんゴミよ…ムグムグ…すでにわれは…モグモグ…素晴らしい儒教ライフを過ごしとんね。もう探検する必要はノーよ」


    WS000011_20161021202215507.jpg

    数世紀後…
    イギリス「この新しい火薬ってやつはほんと素晴らしいな、カエル君よ?」
    フランス「ウィウィ、大西洋を渡るビッグシップくらいすごいんね」
    イギリス「試すの待ちきれないよ!」
    スペイン「お前の富を見せるんよ…」


    WS000012_20161021202217013.jpg

    さらに数世紀経って…
    イギリス「まったくもって想像以上に上出来じゃないか!グッジョブ!」
    フランス「そのとおりだね。それで次はなにをするつもりなんよ?」
    イギリス「よくぞ聞いてくれた」


    WS000013_201610212022180e1.jpg

    イギリス「次は絶対にチャイナに行くべきだ。今年の今頃はとっても綺麗らしいぞ。それに、ちょっとアヘンが手に入りそうなんでね」











海外の反応


  1. 東ティモール 93pt

  2. 明朝ここに眠る
    たぶん何かやった功績をたたえて

  3. シンガポール 24pt

  4. ※1
    何もしなかったの間違いだな

  5. 台湾 51pt

  6. これは素晴らしいね!もっと中国の王朝が出てきてほしいよ

  7. 作者:ルーマニア:johanis15 13pt

  8. ※3
    サンキュー

  9. 不明 38pt

  10. ん?イギリスは中国にアヘンを売ったのであって、買ったんじゃないよな

  11. アメリカ 14pt

  12. ※5
    それもジョークなのかと思ったけど

  13. 作者:ルーマニア 17pt

  14. やあみんな!今月のコンテストへのエントリーだよ。気に入ってくれると嬉しいね

  15. 日本 15pt

  16. イギリスがアヘンを売ろうとしてるぞ!ドゥテルテ(フィリピンの大統領)を呼ばないと!

  17. 台湾 19pt

  18. 明にはかなり精強な銃隊がいたけどね。(15世紀の水準で言えばだけど)

  19. シンガポール 8pt

  20. ※9
    え?中国って銃持ってたの?

  21. シンガポール 20pt

  22. ※10
    イェア、持ってたよ。長いこと銃の発展が停滞してたせいで、フリントロック式のマスケット銃に対して中世時代の手銃を使うことになってたけどね。結果は想像のとおりさ





感想

イエス、アヘンは最高の発見ね





宣伝

日本語版ポーランドボールが出来たとよ。英語ノーでも投稿出来るんね。
日本語版ポーランドボール



翻訳元:
https://www.reddit.com/r/polandball/comments/57tjlr/one_clays_rubbish_may_be_anothers_treasure/



続きを読む