『キャロル&チューズデイ』6話に対する海外の反応「クリスタルのファンだ」 | かいちょく

『キャロル&チューズデイ』6話に対する海外の反応「クリスタルのファンだ」

アニメ『キャロル&チューズデイ』第6話「Life is A Carnival」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、2019年春アニメより『キャロル&チューズデイ』第6話「Life is A Carnival」に対する海外の反応をご紹介します。

アニメ『キャロル&チューズデイ』は「カウボーイビバップ」「サムライ・チャンプルー」などを手掛けた渡辺信一郎が監督を務めるボンズ製作のアニメです。

舞台は人類が火星に移り住み、50年経った世界。AIが文化を創造し、音楽も作られていた。そんな世界を音楽で変えようとする二人がいた…。

海外を意識しているのか、劇中歌、OP、EDはNai Br.XX(ナイ・ブリックス)さんとCeleina Ann(セレイナ・アン)の二人が歌い、全て英詞という徹底ぶり。果たして海外の評価はどうだったのでしょうか?

アニメ『キャロル&チューズデイ』第5話「Every Breath You Take」『キャロル&チューズデイ』5話に対する海外の反応「神曲がきた」

アニメ『キャロル&チューズデイ』第6話のあらすじ

たった観客10人のファースト・ライブ。第1歩を踏み出したキャロル&チューズデイの次のステージは、サイドニア・フェスのメインステージだった。キャパは10万人以上。しかも開催日は明日。お騒がせバンド・オメガのヴォーカル・ヨシュアに万が一があった時のための補欠としてブッキングされる。
憧れのアーティスト・クリスタルも出演する大舞台で、緊張しまくるキャロル&チューズデイに果たして出番はやってくるのか…。

キャロル&チューズデイ 公式サイト

引用:MyAnimeList

アニメ『キャロル&チューズデイ』第6話に対する海外の反応

スキップ(CV:安元洋貴)の普段の声と歌の声が違い過ぎるんですけど。
チューズデイは興奮し過ぎて、ヨシュア(CV:梶裕貴)のお酒を飲んだ後に出かけるかと思ったよ。
おいおい、アーティストを目指す若い二人(まぁ誰でもそうだけど)にとって、大きなステージでのデビュー詐欺の屈辱を受けるのはかなりキツイかったね。
よくある「観客は最初あんまり良い反応をしなかったけど、最後には皆が拍手喝采」みたいなパターンじゃなくて良かった。ちょっと悲しくてもっとストーリーがおもしろくなってる。
本当にクリスタルが大好き!女性がお互いに高め合って助け合うのを見るのはすごく気持ちがイイね。あんまりメディは見かけないしね。キャロルとチューズデイとのパフォーマンス後のシーンはすごく新鮮だったよ。それに彼女がかけた言葉が素晴らしかったし、本当にそうだと思う。観客を前に一つになってたね。
クリスタルのファンになっちゃったよ。素晴らしい歌だったね。リアルな有名アーティストが歌ったら大ヒットするだろうね。
スキップのキャラクターはかなりおもしろいと思う。特に音楽のジャンルがね。性格が出てるよね。
スキップの事もっと知りたいな。過去にクリスタルとなんかあったんじゃないかな。
このアニメどんな風にもなりそうで、なんかわくわくするよ。(それに予算の関係で内容が削られたりするアニメ化の奴よりは、オリジナルの方が絶対面白いよね。)
何千人もの観客の前であれはきついよね。クリスタルが彼女たちにタイミングよく励ましててすごく良い人だね。それに、すっごく良い歌手だね。マライアキャリーっぽい。
オリジナルサウンドトラックが待てない!
スキップの歌良かったけど、喋ってるときと雰囲気が合わないなぁ。
いろんなジャンルの歌が出てきて嬉しい。EDMからインディーズポップ、スムースジャズにR&B。オリジナルサウンドトラック楽しみ。
スキップの歌良すぎ!こんな雰囲気が出せるなんて予想外だよ。あんな歌の終わり方もよかったね
おもしろくなりそうだね。キャロルとチューズデイがだんだん有名になってきたね。二回目のパフォーマンスは今までにないくらいの観客数出しね。いつも通りうまくやれるといいね。
新しい歌好きだよ。1万人の観客に嫌われてキャロルとチューズデイかわいそう。でもほら、嫌われたとしても知ってもらえたし、これからももっと認知度上がってファンも増えるよ
パフォーマンスの後でキャロルとチューズデイが落ち込まないようにしてたのが何故かすごく感心したよ。もっとうまくやれてたらよかったけど、なぜかすごく共感した。
ヨシュア、サルみたい(笑)どの歌もステージの演出もマジで良い!
クリスタルのパフォーマンスやばい!ぶっちゃけ、今までどの歌も良いと思ってなかったんだよね。なんでキャロルとチューズデイがクリスタルが大好きなのかわかった。
今回のエピソードのメッセージ性にすごく惹かれたよ。成功への道はそんなに簡単じゃないってね。逆転したり、迷ったり複雑になったりしてね。

14 COMMENTS

匿名

スキップの声と歌声が合わないってのは納得だけど
実際に歌ってるThundercatがあんな感じだから一応間違いではないw

返信する
匿名

>>よくある「観客は最初あんまり良い反応をしなかったけど、最後には皆が拍手喝采」みたいなパターンじゃなくて良かった。ちょっと悲しくてもっとストーリーがおもしろくなってる。

そうだな、そういう展開になると思ってた。前話のステージが成功だっただけに、ほろ苦い結果になっちまったな。
凹んで落ち込んでいる時にすぐに憧れのアーティストに慰められて励まされて、ふたりが挫けずにすんで良かったよ。ヘフナーはすずめの涙程度でもギャラは支払うべき

返信する
匿名

今回の紹介された歌はみな凄かった。キャロルとチューズデイのまだアマチュアっぽい歌と仕草もうまく表現できていた。いやーすごいわ。

返信する
匿名

ヨシュアのモデルはYOSHIKIだよね?
海外であまり知名度ないのかな
クリスタルのモデルはビヨンセだと思う

返信する
匿名

アウェーで歌う緊張と不安が歌で表現されててすごかった。
スキップとクリスタルの歌もかなり好みだったわ。
特にスキップ、見た目ごつめなのにこういう声で歌う黒人歌手いるいる!と思いつつ見てたら本当にそうだった(笑)
中の人の曲も色々聞いてみたくなる。

返信する
匿名

スキップの曲、アース・ウィンド&ファイア思い出した。
でもキャラは流石にゴツ過ぎー!だわwスリムなら合ってたなあ

返信する
名無し

いやー金かかってそうだなぁ
眼福、耳福ですわ
クリスタルは坂本真綾だけどさすがに歌わせてはもらえないか

返信する
匿名

>よくある「観客は最初あんまり良い反応をしなかったけど、最後には皆が拍手喝采」みたいなパターンじゃなくて良かった。
これはすごく同意
まあ2クールだし少しは挫折してもらわないとね

返信する
匿名

スキップの曲はThundercatとFlying Lotusの
共作で、Flying Lotus のNew Albumにも入っていない
アニメ オリジナル曲。
KUSO!!!

返信する
匿名

>よくある「観客は最初あんまり良い反応をしなかったけど、最後には皆が拍手喝采」みたいなパターンじゃなくて良かった。ちょっと悲しくてもっとストーリーがおもしろくなってる。
ほんそれ
あとやっぱエギルはいいやつだというのはずっと前から知ってた

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。