アニメ『キャロル&チューズデイ』第9話「Dancing Queen」の海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、2019年春アニメより『キャロル&チューズデイ』第9話「Dancing Queen」の海外の反応をご紹介します。

アニメ『キャロル&チューズデイ』は「カウボーイビバップ」「サムライ・チャンプルー」などを手掛けた渡辺信一郎氏が監督を務めるボンズ製作のアニメです。

舞台は人類が火星に移り住み、50年経った世界。AIが文化を創造し、音楽も作られていた。そんな世界を音楽で変えようとする二人がいた…。

アニメ『キャロル&チューズデイ』第8話「All The Young Dudes」の海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

アニメ『キャロル&チューズデイ』第9話「Dancing Queen」のあらすじ

準決勝進出を決めたキャロル&チューズデイ。その翌週、今度は「マーズ・ブライテスト」の第3戦、第4戦が行われる。出演を控えたシベールは、チューズデイに髪型はどれがいいかを尋ね、さらに一緒にコンビを組もうと迫ってくる。シベールをうまくあしらえないチューズデイに苛立つキャロル。そのシベールが第4戦で対戦するのは、アンジェラだった。

キャロル&チューズデイ 公式サイト

日本人ファンの感想

  • 相方をキャロルがいる目の前でどうどうとユニットを組もうと誘いをかけるシベール、それを前にして不満げなキャロル、板挟みのチューズデイの関係が描かれたのが印象的な回。ちょっとした三角関係のような形になっていてなにやらワクワクしました。嫌ならはっきり断るようにチューズデイに指示するキャロルが男前だと思いました。
    オーディションシーンではどの選手もレベルの高い英詩のパフォーマンスを見せていて聞き入るものとなっていました。
    (30代・男性)
  • 音楽オーディションも苛烈を極め、今回ではキャロルとチューズデイの二人とは別ブロックの戦いが描かれました。出てくる選手は皆曲者だらけで個性的な人物ばかりでした。どこかおかしなことがあっても皆歌えばまともなパフォーマンスを披露したので思わず聞き入るものでした。チューズデイを大変気に入って接近するシベールの存在が際立つ回でもありました。
    ボーイッシュなシベールがチューズデイに抱きついて首を噛むシーンにドキリとしました。しっかり歯型も残していました。チューズデイとユニットを組めないことを怒る彼女が今後どう物語に関わってくるのか楽しみです。
    (20代・男性)

via: RedditMyAnimeList

アニメ『キャロル&チューズデイ』第9話「Dancing Queen」の海外の反応

  • まじくそだな、マーメイドシスターズが勝つべきなのに!
  • マーメイドシスターズの歌が一番良かったな。ぶっちゃけかなりキャッチ―な感じだよね。
  • アンジェラの歌は今風のポップソングだったね。
  • 火星出身のヤンデレ女吸血鬼も結構良かったよね。2000年後半のミレーヌ・ファルメールの雰囲気があるね。
  • アンジェラも前回の歌よりも確実にうまくなってるね。今日は調子よかったね!絶対審査員の一番のお気に入りだね。
  • チューズデイ、お願いだからその人から逃げてくれ!
  • アンジェラのポップスタイルの歌は良かったね。まぁ、どっちにしてもファイナルまでは余裕で通るんだろうけどね。
  • こんなにアニメに不意を突かれたのはここ最近で初めてだよ。マーメイドシスターズのパフォーマンスはくっそ最高。泣き笑いしたよ。さすが渡辺監督。
  • アンジェラのファンでもなんでもないけど、明らかに魔女みたいな感じ。でど、今回フルバージョンで彼女の歌を聞けて良かったな。
  • アンジェラにはびっくりしたな。歌に感動しただけじゃなくて、審査員の良い評価に見せた純粋な笑顔がすごく印象的。ただの敵意むきだしのただの冷たい人だと思ってた。
  • 審査員は耳が聞こえないのかな。再審査するべき。マーメイドシスターズとOGブルドックがファイナルで対決してほしい。
  • 率直に言って、ピョートルの歌がセミファイナルの中では一番良かったし、アンジェラは審査員の反応ほど感動はしなかったな。平凡だし、四組の中では一番弱かった。多分、全体的には6番目くらいだよ。

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

  • マーメイドシスターズのパフォーマンスには抱腹絶倒だったよ。こんなに笑うなんて初めてだよ。くだらないけど、すごく楽しませてもらったよ。
  • ほとんどのキャラクターはサイドキャラとして再登場してて、うまく世界観が作り出されてていいね。それにシベールはチューズデイの「間違った」選択にリベンジしに絶対戻ってくると思う。
  • 面白かったと思うよ。なぜか、タオが二人の前にまた現れたね。いつか自分のために歌を作るような気がする。
  • シベールはなんか気味が悪くて異常だけど、彼女の歌は結構好き。アンジェラよりもエモーショナルな感じがする。だけどやっぱりMVPはマーメイドシスターズだね。ぶっちゃけ、あの歌好きだったよ。
  • シベールすっごいうざいし、なんでチューズデイの首にかみついたの!もう二度と出てこないでほしい。
  • ぶっちゃけマーメイドシスターズの歌がめちゃくちゃ最高だった、なんで審査員は彼女たちの才能に気づかないかな。
  • アンジェラの性格は好きじゃないけど、彼女のパフォーマンスが素晴らしかったのは認めないとな。
  • シベールは女性だったんだ…最初に登場した時から気味が悪いと思ってたんだよね。でも彼女の歌は個性的だよね。拒絶されてこの後何かしでかすような気がして怖いよ。彼女を見るのはこれで最後だとは思えないね。
    • アンジェラの歌は前にアカペラで歌ったやつだよね。歌は平凡だけど、彼女の声はすごくいいね。

13 Comments

Avatar 匿名

マーメイドシスターズだけ画面に訳詞が出なかったのは、BPOの意向を忖度したのかな?

返信する
Avatar 匿名

マーメイドシスターズの訳詞は、BPOに忖度以前に民放連の自主規制に引っかかってるから、
アニメ版 図書館戦争の聴覚障害者が主人公になる回の時みたいに、局側の自主検閲で放映することを拒否されちゃうよ。

返信する
Avatar 匿名

日本人には歌詞がピンとこないマーメイドシスターズは、「VOCAL COLLECTION Vol.1」の収録は大丈夫なのか?

返信する
Avatar 匿名

C&Tの歌は爽やかで純粋な気持ちを歌ってるのにその取り巻き連中は性的にこじらせてるのばっかりがなんとも……

返信する
Avatar  

ファンっぽいのがやっと一人現われただけで「拗らせてるのばっかじゃん」とは

返信する
Avatar 匿名

やっぱり外人は革命的なのが好きなのか。それとも鬱憤が溜まっているのか。
普通を嫌っているのは間違いない。

返信する
Avatar &@

他でも書いたけど
相変わらず中の人の音楽Levelが高いこと高いこと
毎回感動さえ覚える
それに比べ日本の音楽業界やメディアは
どうしてアイドルばっか持ち上げるのだろう
日本にも素晴らしいアーチィストは大勢いるし
歌の上手い人も大勢いるのに
常にアイドルを中心にしている
やれ00048とか、ジャニーズ系とか
本当にひどすぎる
特に若いアイドルソングなんて
泥玉をオタ共に磨かせてやっと光っているのに
ダイヤモンドみたいに光っている
本物のアーティストをアイドルのかませ犬みたいな扱いになっている
昔からそうだけとみんな業界とオタ共が悪い
海外から見たら本当に異常だぜ?
日本の音楽業界って!!

返信する
Avatar 匿名

もう10年くらいアニソンしか聞いてないし最近の音楽については知らんけど、間違いなく言えるのは邦楽より洋楽の方がカッコいいこと、このアニメで気付いた

返信する
Avatar 匿名

会話シーンは海外勢が字幕を読まなければならず、歌のシーンでは日本勢が字幕を読まなければならなかったはずの『キャロル&チューズデイ』で起こった不思議な奇跡。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。