カテゴリー: パンドラの憂鬱

海外「神道の影響がここにも…」 森林浴という日本独自の概念に外国人が感動

今回は、日本独自の概念である、「森林浴」にスポットを当てた投稿から。樹木に包まれて精神的な癒しを求める行為である森林浴は、保養に森林を活用する目的で、1982年に林野庁によって提唱されました。当初、森林浴が体に良いとする科学的データはありませんでしたが、2004年から2012年にかけて、林野庁や厚生労働省などの機関が、約4億円をかけて生理学的・心理学的効果を研究したところ、心拍数と血圧を下げ、ストレスホルモン

海外「日本の皆、ありがとー!」 ウェールズ語を学ぶ日本の若者の存在に感激の声殺到

今回ご紹介する映像は、BBCラジオとBBCウェールズが投稿したもので、ウェールズ語を学ぶ東京の大学の生徒たちが紹介されています。ウェールズ語は、ローマ人によってグレートブリテン島が支配される以前に、大陸から渡って来たケルト人が伝えたと考えられている歴史ある言語です。しかし、1536年にイングランドによって併合されてからは、ウェールズでも公用語は英語となり、ウェールズ語話者は漸減。保存運動なども起きていますが

海外「もう難民はこりごりだ!」 ヨーロッパの人々の大半が難民受け入れに『NO』

先日イギリスのシンクタンクである王立国際問題研究所が、イスラム圏から流入する移民に関する調査結果を発表し話題を呼んでいます。調査はヨーロッパ10カ国の約1万人に対して行われ、調査項目は、「主要イスラム諸国からの移民流入を停止するべきか」というもの。結果は10カ国平均で、55%の人が「停止するべき」と回答しています(「停止すべきではない」が20%。「分からない」が25%)。国別では、「停止するべき」と答えた人

海外「何だよこの面白民族…」 日本のCMが相変わらず面白いと海外ネットで話題に

今回は、3Mの製品「スコッチガード」の日本版CMから。このCMは、どんなアクシデントが起きても物ともしない、サラリーマンヒーロー「大丈夫男」が主人公。飲もうとした炭酸が噴き出しても、水を撒くおばちゃんに水をかけられても、バーテンダーにお酒をかけられても「大丈夫」な勇姿が映し出されています。それも全て「スコッチガード」のおかげ、と言う内容なのですが、外国人にとってはとても日本的なユーモアに感じられるようで

海外「案の定日本人か!」 日本の和菓子職人の凄まじい職人技に外国人が驚愕

今回は、金沢の和菓子、「こもかぶり」の実演販売の様子から。「こもかぶり」は1946年(昭和21年)創業の和菓子店、「板屋」さんが50年ほど前に考案した和菓子で、大粒の栗をつぶあんでくるみ、それを更に薄いカステラ生地で包んでいます。金沢の武家屋敷では、冬に土塀を雪から守る為に藁で覆う風習があり、この和菓子の独特の形は、その情景を仕立てたものなんだそうです。「板屋」さんは時々物産展などに出店し実演販売をされて

海外「日本が隣国なら良かったのに」 日本の学生が踊る民族舞踊にセルビア人が大感激

今回ご紹介する映像は、東京外国語大学の舞踊サークルの皆さんが、セルビアの伝統的な民族舞踊「コロ」を踊る様子を収めたもの。(「コロ」はグループで手を繋いだり、腰紐や肩を掴み、 笛やアコーディオン、打楽器の2拍子の伴奏が流れる中、 腰より上をほとんど動かすことなく踊る円舞)。撮影者さんによると、東日本大震災時のセルビアからの支援に対して、舞踊サークルの皆さんが感謝の気持ちを伝えるために、首都ベオグラー

海外「日本には八百万の神様がいるから」 神社の鳥居の多様性に外国人から驚きの声

現在日本全国に約8万8000社の神社が存在すると言われていますが、鳥居の形式・構造は神社によって異なっています。翻訳元ではその点がイラストと共に紹介されており、鳥居の代表例として、神明鳥居、鹿島鳥居、明神鳥居、八幡鳥居、春日鳥居、中山鳥居、外宮鳥居、三柱鳥居、三輪鳥居(三ツ鳥居)が挙げられています(他に代表的なのは厳島神社などの「両部鳥居」でしょうか)。なお、鳥居は大別すると神明鳥居と明神鳥居に分かれ