114 views

海外「日本人に恋してしまった!」日本の小学生達の振る舞いにトランプ支持者が大感激

日本での日程を終え、本日午前に離日されたトランプ大統領ご夫妻。トランプ大統領は離日前に自身のツイッターに、「今回の訪日と安倍首相との友情が、我々の偉大な国に、 多くの利益をもたらしてくれるだろう」と書き込み、今回の日本訪問が有益なものであった事を強調されています。同行したメラニア夫人も精力的に「夫人外交」を行っており、6日には安倍昭恵首相夫人とともに都内の小学校を訪れ、そこで習字を披露されるなど、

13 views

海外「陛下に対して失礼だ!」 天皇陛下に謁見するトランプ氏とオバマ氏の違いが話題に

6日午前、天皇皇后両陛下は来日中のトランプ大統領、メラニア夫人を皇居御所に招かれ、約30分間ご会見されました。両陛下がアメリカの大統領とご会見されたのは、平成2014年4月のオバマ大統領以来で、トランプ大統領とのご面会は、今回が初めてとなります。午前11時すぎ、トランプ大統領ご夫妻が御所に到着した際、両陛下は玄関前の車寄せでご夫妻を出迎えられ、挨拶を交わされました。そして、現在海外で大きな話題になっているの

14 views

海外「日本人は怒ってないのに…」日本のアニメをオマージュした世界的歌姫のPVが騒動に

今月10日に発売される、テイラー・スウィフトさんの最新アルバム、「Reputation」のオープニングトラックとなる「…Ready for It」のPVが、先日YouTube上などで公開されました。現在楽曲と同じくらい注目されているのがPVの内容で、「攻殻機動隊」の実写版(「ゴースト・イン・ザ・シェル」)を、少なからず彷彿とさせるものになっています(実際に映像監督が「SFアニメのオマージュ」と発言している)。「ゴースト・イン・ザ・シェ

18 views

海外「完成度が尋常じゃない…」 鎌倉時代の日本が舞台の海外ゲームに外国人が熱狂

今回は、アメリカのゲーム開発会社、サッカーパンチが手がけた、「Ghost of Tsushima (仮称)」のトレーラーからです。「Ghost of Tsushima 」の舞台は、1274年の対馬。モンゴル帝国軍が日本に襲来した頃で、プレイヤーは、『圧倒的な武力の前に全滅したかに思われた守備隊の中で、 生き残った侍』となって、戦場で戦うことになります。「自身がサムライとなってオープンワールドで戦う」というコンセプトが外国人にかなり大ウケ

18 views

米国「日本はさすがだ!」トランプ夫人とイヴァンカさんを守る特別な警護に感謝の声

米国のトランプ大統領の来日を控え、警備を担当する機動隊の部隊などが、今月1日に皇居前広場で出陣式を行いました。警視庁は5日から7日にかけて、1万数千人の警察官を動員する予定で、メラニア夫人と長女のイヴァンカ大統領補佐官も来日することから、女性の機動隊員達による「女性警戒部隊」を初めて編成しています。出陣式の際には、「女性警戒部隊」の訓練も公開されたのですが、その時の映像が、米ABCなどでも取り上げられ、

110 views

海外「鳥肌が止まらない…」天皇皇后両陛下と比大統領のご会見にフィリピン人が歓喜

天皇皇后両陛下は先日、来日していたフィリピンのドゥテルテ大統領と、パートナーのハニーレット・アバンセーニャさんとご会見されました。懇談が始まった当初は緊張気味だったドゥテルテ大統領ですが、徐々にその緊張も解け、全体的に和やかな雰囲気でご会見は行われたそうです。現地紙によると、ドゥテルテ大統領は、皇居のシンプルさと、両陛下の控えめなお人柄に畏敬の念を抱いたそうで、「Majesty(陛下)の称号に本当にふさ

110 views

海外「日本では反逆者でも英雄なのか」 米メディアが西郷隆盛の生涯を特集し話題に

倒幕と維新に尽力した、維新の三傑の一人、西郷隆盛。薩摩藩の下級武士でしたが、何度も建白書を書き藩庁に提出していた事もあり、いつしか藩主の島津斉彬の目にとまり、登用されることになります。斉彬の死後、流罪を2度経験するも、大久保利通などの働きかけで復帰し、蛤御門の変以降に活躍を見せ、薩長同盟の成立や王政復古に成功。その後も戊辰戦争を主導し、江戸無血開城を成功に導くなどし、明治4年に参議、その2年後には陸

15 views

海外「日本は父親のような存在だ」 日本政府の力強い支援にフィリピンから感謝の嵐

30日から2日間の予定で訪日されていたフィリピンのドゥテルテ大統領。来日は2016年10月に続いて2度目で、安倍総理との首脳会談や、天皇皇后両陛下とのご会見に臨まれました。来月半ばにASEAN関連首脳会議で安倍総理と会談するにもかかわらず、その直前に訪日したのは、シャトル外交の形を堅持することで、日本との緊密な関係を示す狙いがあると考えられています。共同声明で日本は、今後5年間で1兆円規模の官民貢献策を実施する事

110 views

海外「日本は自由すぎるだろw」日本の仏教が凄い事になってると海外ネットで話題に

今回は、福井県にある照恩寺のご住職、朝倉行宣さん(元DJ)が、仏教を身近に感じてもらうために取り組んでいる「テクノ法要」の映像から。「テクノ法要」は文字どおり、お経とテクノを融合させた法要で、声明(お経など)にテクノのリズムを乗せて行うものです。さらに、プロジェクションマッピングや舞台照明で寺の内陣を装飾し、「先人が極楽浄土をイメージし」てお寺や仏壇の飾り付けを作ったように、朝倉さんも、ご自身がイメ

112 views

海外「やっぱ日本人は特別だね…」 ダルビッシュ投手の神対応が全米で大きな話題に

日本時間28日に行われた米大リーグのワールドシリーズ第3戦で、アストロズのグリエル選手がダルビッシュ投手から本塁打を放った後、ベンチで目を釣り上げるジェスチャーをしながら、スペイン語でアジア人を指す蔑称を口にしていたことが、現在アメリカ国内で大変大きな問題になっています。2014年にDeNAでもプレーしていたグリエル選手は試合後、「誰も傷つけるつもりはなかった。日本でプレーしていたし、 日本人には多大な敬意

14 views

海外「日本よ、すまんな」 日本の『ヌーハラ』問題の高まりに外国人から疑問の声

最近になって突如として生まれた「ヌードルハラスメント」という言葉。ラーメンなどの麺類を音を出して啜って食べる行為が、文化が違う人たちなどからするとハラスメントになる場合もある、ということで、メディアなども度々取り上げています。日清食品はそんな文化や価値観の違いによって生まれる軋轢を解消すべく、麺をすする音をカモフラージュする機能を持つフォーク、「音彦(おとひこ)」を開発しています。カモフラージュ音

17 views

海外「これは本当に日本語なの?」日本語の方言があまりにも難解すぎると話題に

今回は、日本テレビ系列で放送されている大人気番組、「月曜から夜ふかし」の一部からで、日本各地の方言が紹介されています。この番組では、度々方言に関する話題が取り上げられていますが、ここでは天草、秋田、岩手の人々や江戸っ子が発音できない特定の音や、富山弁では「か」だけで、秋田弁では「ね」だけで、内容によっては会話が通じることが紹介されています。海外にも当然方言はありますが、日本語は共通語との違いが大き

15 views

海外「日本は外国人にとって天国だ」訪日外国人達が語る日本の異常なまでの治安の良さ

今回は、日本関連の情報を発信している海外サイトが紹介していた、日本で最も危険な7つの地域の話題からです。ソースが曖昧だったのですが、おそらく記事を書いた筆者さんが、日本で見聞した情報を元に作成されたのだと思われます。1. 歌舞伎町(東京)2. 釜ヶ崎(大阪)3. 六本木(東京)4. 新世界(大阪)5. すすきの(札幌)6. 中洲(福岡)7. 上野(東京)以上7つの地域が日本で最も危険な場所として紹介されているのですが、

13 views

海外「日本人は幸せだね」 天皇皇后両陛下に絶大な愛情を寄せるタイの人々

日本で新たな関連報道が出るたびに、海外メディアが大きく取り上げるなど、日本国外でもかなり注目されている天皇陛下のご譲位。先日も、結局は朝日新聞の飛ばしではあったのですが、ご譲位の時期が平成31年3月末とする方向で最終調整に入った、という「スクープ」を、海外の主要メディアがこぞって取り上げていました(菅官房長官は、ご譲位や改元の日程等を決める皇室会議の開催時期は、 「まったく決めていない」と報道後に記

17 views

海外「日本と戦うなんて勇敢だな」日本とモンテネグロが最近まで戦争を続けていた事実が話題に

1904年2月、日本とロシアとの間で勃発した日露戦争。日本海海戦でバルチック艦隊を破るなどし、日本がロシアを追い詰め、1905年9月に締結されたポーツマス条約により講和しました。実は日露戦争時点で、モンテネグロはロシアの管轄統治下にあったため、1905年にモンテネグロも日本に宣戦布告をしており、義勇兵を主戦場の1つであった満州に派遣していました。しかし、実際には日本との間で戦闘は行われなかったために、その宣戦布