ハリウッド版『機動戦士ガンダム』の脚本家が決定する!海外の反応をまとめました!

ガンダム ハリウッド化

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、ハリウッド版『機動戦士ガンダム』の海外の反応をご紹介します。

『機動戦士ガンダム』の放送開始40周年の今年、ハリウッド映画『機動戦士ガンダム』に進展がありました!脚本家にブライアン・K・ヴォーン氏が担当することが決定したようです。

脚本は映画の命とも言われます。そんな大役を任せられたのが、ブライアン・K・ヴォーン氏。テレビドラマシリーズ「Lost」でプロデューサー、ストーリーエディターとして参加、またグラフィックライトノベル「Y:THE LAST MAN」の作者としても知られています。

「Y:THE LAST MAN」は、あの世界的ベストセラー作家スティーヴン・キングが「私が読んだグラフィックノベルの中で最高の作品だ」とも言わせた作品です。

カウボーイビバップNetflixの実写版『カウボーイビバップ』シリーズのドラマキャストが決定!海外の反応をまとめました!

レジェンダリー・ピクチャーズが脚本家ブライアン・K・ヴォーン氏を採用!

レジェンダリー・ピクチャーズと言えば、「名探偵ピカチュウ」「キングコング:髑髏島の巨神」「パシフィック・リム」「GODZILLA ゴジラ」など日本との関わりの深い作品を多く世に送り出している映画制作会社です。中国の複合企業、大連万達グループの傘下であり、巨大な資本を元に映画製作を加速させています。

そんな、レジェンダリー・ピクチャーズがハリウッド版『機動戦士ガンダム』にブライアン・K・ヴォーン氏を脚本家として採用したと米ニュースメディアBLOODY DISGUSTINGが取り上げました。

果たして、ハリウッド版『機動戦士ガンダム』に対する海外の反応はどうなのでしょうか?

via:Reddit

ハリウッド版『機動戦士ガンダム』の脚本家が決定に対する海外の反応

  • 赤いスーツを着て、仮面をしている男と、抱き上げられてわけのわからない紛争にやってきたティーネイジャーとが戦う話が待ちきれない!
    • そして、ブライトの平手打ち!
  • アメリカの視聴者たちはこのブライトの平手打ちの威力といかに必要かがわからず、ただブライトを嫌って終わるんだろうな。ブライトはそんな嫌われるに値するような人じゃないし、俺たちはブライトをそんなふうに見ない。
  • もしも実写版の映画の中でブライトの平手打ちが見れなかったら何の意味があるの?
  • より重要なのは、ブライトがアムロを何回も何回も平手打ちしている、編集前の全体のリールも必要になってくるだろう。なぜなら彼らは何度も撮っているだろうから。
    • 本当に僕もそう思う、そしてブライトの平手打ちをこの映画の全面に出したくてたまらない。
  • 俺は一連の未公開シーンのためだけにブルーレイを買う。
  • 全面に出すことについて何かずるい手を思いついたでしょ?
  • もしかして、俺が何か企んでると思っている?
  • 俺はこのスレッドすべてを愛しているよ。
    • 同じく!そしてデジタルのままでいられるように一生懸命がんばっていることも!
  • ブライトの平手打ちが絶対必要だ。
  • 父さんだって俺をぶったことない!
  • だから君は甘いんだ!
  • 「赤」に変わった、クアトロ・バジーナというふざけた名前を持つ男の続編が待ちきれない。
  • 「赤」に変わった男が、14歳の女の子をだまし、地球に隕石を落とそうとしている話の第3編が待ちきれない。
  • ジオンは何も悪くない。
  • コロニー落としは、偽旗作戦同盟だった。
  • これが子供向けの映画なのか、まったく意味がわからない。
  • 実際には子供向けの映画ではないね。かっこいいメカファイトで子どもたちにも親しみやすく戦争の恐ろしさと戦いに関する人間模様を描いた映画だ。
    そうだ、オリジナルの宇宙世紀の年表は少なくとも見れる。いくつかの映画も子供向けに作られている。

    • もしかして、それは”俺のこの手が光って唸る お前を倒せと輝き叫ぶ!必殺!シャイニングフィンガー!”の機動武闘伝Gガンダムのことを言ってる?
  • 漕ごう、漕ごう、君の海賊船を漕ごう、そっと海の流れにのって(ローローローユアヴァイキングガンダム、ジェントリーダウンスルーザシー)
  • これまで2つのガンダムシリーズしか観たことがない。(概ねベトナム戦争のガンダムバージョンである08MS小隊とガンダムUC)どちらも子供たちが見るかどうかなんともいえない。

なんかワロタw