113 views

【海外の反応】「とてつもない」吉田が完封で岡崎との日本人対決を制す!現地サウサンプトンサポーターから称賛相次ぐ!

プレミアリーグ第22節のサウサンプトン対レスター・シティが22日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた。ボトム10に沈む両チーム。レスターに至っては残留争いに巻き込まれている。なんとか現状を抜け出すためにも勝ち点3がほしい試合で、レスターの岡崎慎司、サウサンプトンの吉田麻也はいずれも先発出場した。序盤からホームのサウサンプトンがリズムよく試合を進めていく中、26分に先制点が生まれた。セインツは右サイドを

114 views

驚愕のギネス世界新記録が誕生!水中エアロバイクで人類の限界に挑んだ男に歓喜の瞬間が訪れる・・・!!

  イタリアの水中サイクリスト、ホーマー・レウチは、水中に設置されたエアロバイクで、息継ぎ無しで推定走行距離2805フィート1インチ(855メートル)をたたき出した。 レウチ選手は、大きく息を吸うと、顔を水中に

123 views

香川が開幕戦以来のフル出場、ブレーメンに勝利(海外の反応)

[1.21 ブンデスリーガ第17節 ブレーメン1-2ドルトムント]
 ブンデスリーガは21日、第17節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でブレーメンと対戦し、2-1で競り勝った。香川は2試合連続の先発出場を果たし、リーグ戦では開幕戦以来のフル出場。ウィンターブ…

121 views

【海外の反応】香川後半躍動!ドルトムントはピシュチェクの決勝ゴールで10人のブレーメンに勝利

現地時間21日にブンデスリーガ第17節の試合が行われ、ドルトムントはブレーメンと対戦。アンドレ・シュールレなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが2-1の勝利をおさめている。http://z…

114 views

【海外の反応】香川後半躍動!ドルトムントはピシュチェクの決勝ゴールで10人のブレーメンに勝利

現地時間21日にブンデスリーガ第17節の試合が行われ、ドルトムントはブレーメンと対戦。アンドレ・シュールレなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが2-1の勝利をおさめている。http://z…

115 views

【海外の反応】「傑出していた」香川後半躍動!ドルトムントはピシュチェクの決勝ゴールで10人のブレーメンに勝利

ブンデスリーガは21日、第17節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でブレーメンと対戦し、2-1で競り勝った。香川は2試合連続の先発出場を果たし、リーグ戦では開幕戦…

16 views

【ドイツの反応】「傑出していた」香川後半躍動!ドルトムントはピシュチェクの決勝ゴールで10人のブレーメンに勝利

※試合終了後の反応を追記しましたブンデスリーガは21日、第17節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でブレーメンと対戦し、2-1で競り勝った。香川は2試合連続の先発…

114 views

韓国人「2016年日本・韓国・アメリカの秋野球 驚愕の一致を見てみよう」韓国の反応

韓国の名無しさん 2016年秋野球の不思議な点 韓国シリーズ優勝 斗山ベアーズ 日本シリーズ優勝 日本ハムファイターズ ワールドシリーズ優勝 シカゴカブス マスコットが熊のチームが全部優勝した 不思議だ; 引用元:「ht・・・

128 views

【海外の反応】「一流の選手だ」インテル長友獲得報道にプレミアのバーンリーサポは期待を膨らませる

インテルに所属する日本代表DF長友佑都にプレミアリーグのバーンリーが強い関心を抱いていることがわかった。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が18日に伝えている。 同メディアによると、バーンリーは長友を高く評価。400万ユーロ(約4億9000万円)が一般的に見られる長友の評価額だが、バーンリーはその倍の価格である800万ユーロ(約9億8000万円)のオファーを用意していると伝えられた。 バーンリーはプレミアリーグ

112 views

中国人「2030年W杯は日中韓共催になるかもしれない」

2030年W杯は日中韓共催になるかもしれない国際サッカー連盟(FIFA)がワールドカップ(W杯)の出場チーム数を9年後の2026年大会(開催地未定)から、現行の32から48に大幅拡大することを決めた。衝撃を受けているのが、単独招致を目指している日本サッカー協会だ。出場チーム&試合数増に対応するには、規定を満たすスタジアムの数が足りず、決勝戦開催の条件である8万人収容の競技場は現状では皆無。そんな中

120 views

【海外の反応】「冗談だと言って」オフサイド廃止,シュートアウト制の導入などFIFA幹部ファンバステンが訴える8つのサッカー改革案に批判続出!

「サッカーをよりスペクタクルなものにするために」と改革を提案。 FIFAの技術開発部門のチーフオフィサーを務めている元オランダ代表FWのマルコ・ファン・バステンが、ドイツメディア『ビルト』のインタビューで、オフサイドやPK戦の廃止を提案した。  2016年10月に現職に就いたファン・バステンは、「サッカーをスペクタクルにするために多くのアイデアを提供したい」と語り、昨年12月に日本で行なわれたクラブワールドカップ

19 views

「SNSに反イスラム的なセルフィ―を投稿」 イランで女性ボディビルダーが逮捕された事件が波紋を呼ぶ

  今週水曜日、イランで女性ボディビルダーが逮捕される事件が起きた。 逮捕の理由は、その女性がSNSに投稿した一連の写真が”ヌード”とみなされたためだという。 イランの司法当局は「SNS