f:id:shikiyu:20161209233357j:plain
18 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第8話 海外「娘としてではなくライバルとして!」

第8話 「ねぼすけ千歳と湯煙旅情」あらすじ 配信番組の収録後に起こったトラブルを万葉の父に会って直接謝罪するため、万葉とスタッフ一同は、彼女の実家がある山形県の温泉街へと向かう。その一行の中には、なぜか百花の姿もあった。万葉の実家である旅館にたどり着き、無事、万葉の父と対面する一同。つつがなく事態は収拾されるかと思いきや、ささいなきっかけで万葉と父が衝突してしまう。不器用な父娘と、それを優しく見守る母親。そんな家族の姿を見て、百花の胸には複雑な感情が去来する。

f:id:shikiyu:20161123220444j:plain
123 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第7話 海外「親には何でもお見通し」

第7話 「やじうま千歳と授業参観」あらすじ 酔いつぶれた万葉を彼女の自宅まで送った千歳と百花は、そこで山形から上京してきた万葉の母と出会う。例の水着姿の特典映像を見て、心配して訪ねて来たのだ。翌日、千歳たち作品のメインキャストが勢揃いしての配信番組の現場にも、万葉の母は姿を見せる。リハーサルを経て、なんともいえない雰囲気のままスタートする本番。番組に寄せられたリスナーの投稿が、万葉に思わぬ言葉を口走らせる。その様子を見て、万葉の母には感じるものがあった。

f:id:shikiyu:20161115084255j:plain
154 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第6話 海外「普段とのギャプが最高!」

第6話 「浜辺の千歳と通らぬ予算」あらすじ アニメのパッケージに付属する特典映像を収録するため、沖縄へとやってきた千歳たち。同行したスタッフ陣はすっかりバカンス気分で、千歳も南国の陽気にあてられ浮かれモード。しかし、八重は初めての水着撮影に緊張して震え上がり、京は作品の芳しくないセールスを思い浮かぬ顔、百花はクールに通常運転、そして万葉は、意にそぐわぬ水着撮影に激怒していた。なんとかその場は収まって、夜には5人揃って大部屋で楽しい酒盛りが始まったのだが!?

f:id:shikiyu:20161108105328j:plain
139 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第5話 海外「千歳も現実に直面する時が…」

第5話 「ちょけった千歳とぼこぼこ評価」あらすじ 自分たちのユニットが歌ったオープニング主題歌のCDが好調でご満悦の千歳。調子に乗り、思わず芸能人気取りの変装をして、ショップのディスプレイを確認しに行くほどだ。しかし、八重と京は、どこか浮かぬ顔。アフレコ後の完成品を観ていない千歳と違い、ふたりはオンエアされた、ひどい出来のものを観て、複雑な心境を抱えていた。そんななか、今度はキャスト陣によるお渡し会が開催されることになるのだが!?

f:id:shikiyu:20161102120552j:plain
147 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第4話 海外「結論、オタクはチョロい」

第4話 「イケイケ千歳とゆかいな仲間たち」あらすじ 千歳がヒロインを務めるアニメの第1話最速上映イベントの日がやってきた。千歳たち5人の主演声優が登壇し、トークと歌、そして本編の上映で、作品のスタートを華々しく切る日だ。場数を多く踏んでいる百花、万葉は落ち着いた様子。一方、残り3人のメンバーは、期待と不安から来る緊張でガチガチ……かと思いきや、震え上がる八重と京を尻目に、千歳は持ち前の図太さを遺憾なく発揮して、控え室で寝こけるほどにリラックスしていた。

f:id:shikiyu:20161025094848j:plain
196 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第3話 海外「人は挫折して成長する。」

第3話 「邪道な千歳と王道展開」あらすじ ついに千歳がヒロインを演じる作品のアフレコがスタートした。緊張する八重や京を横目に、勘違いした不遜な態度で初回のアフレコに臨む千歳。しかし、根拠のない自信はあっさりと砕け散る。思いどおりに芝居をすればオッケーが出ず、スタッフからの指示もきちんと受け止めることができない。自分が何をしたらいいのか、何を求められているのか、さっぱりわからず、困り果てた千歳は、人気声優の百花にアドバイスを求める。

f:id:shikiyu:20161018094939j:plain
149 views

海外の反応「ガーリッシュナンバー」第2話 海外「千歳のドヤ顔は最高だ!」

第2話 「天狗な千歳と声なき悲鳴」あらすじ 新番アニメのヒロイン役という大仕事が決まり、収録が始まる前から調子に乗る千歳。その作品は、原作、制作会社、メーカーの折り合いが悪く、不穏な空気が漂っている……なんて裏事情は知るわけもなく、有頂天な気分のまま、メインキャストの顔合わせの場に向かうと――。そこには同期の久我山八重と、先輩声優の片倉京が待っていた。その場で聞かされた八重、京、百花、万葉たちとユニットを組んでCDデビューをする話に舞い上がる千歳だが!?