『恋する小惑星』1話に対する海外の反応「かなり良いスタート」 | かいちょく

『恋する小惑星』1話に対する海外の反応「かなり良いスタート」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、2020年冬アニメ『恋する小惑星(こいするアステロイド)』1話に対する海外の反応をご紹介します。

『恋する小惑星』もあるよ
2020年冬アニメ
海外の反応はこちら 

第1話「二人の約束」のあらすじ

春。高校に入学した木ノ幡みらは、絶対入ろうと決めていた天文部がなくなっていて大ショック。みらには、幼い頃にある人物と約束した「小惑星を発見する」という夢があったのだ。今年から「天文部」と「地質研」が合併した「地学部」が出来たと聞いてさっそく入部する。部室でみらを待っていたのは個性的な3人の先輩と、そしてもう1人……。

TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト

引用:reddit

幼いころ、キャンプ場で出会った男の子と“小惑星を見つける”という約束をした木ノ幡みら。 高校では天文部へ入部しようとしたが、今年から「天文部」と「地質研究会」が合併して「地学部」になっていた……!?

アニメ『恋する小惑星(こいするアステロイド)』1話に対する海外の反応

まあ、20年以上の天文学と宇宙飛行のオタクとして、これは星を見つめるかわいいアニメのかなり良いスタートかなと。キャラクター達の関わり方は少し堅苦し過ぎる感はあるけど(女子高生設定なのでおそらく意図的にかな?)。初回放送分の天文学の事実に関する不満は、ほぼ皆無に等しかった(一つだけ、ちょっとした例外があるけどね)。観て、いくつか気付いたことは

1 最近は専用の望遠鏡が自動的に行うため、アマチュア装備で新しい小惑星を見つけるのは容易ではない。高校生ならまだ手の届く範中だし、部活には夜の色んな時間帯に、長時間露光で写真を撮るのに十分な大きくて視界の広い望遠鏡が必要。願わくば部が、高品質の反射望遠鏡と一眼レフで調査するのに十分なお金があればいいのだけど

2 木星には今現在79の特定された衛星がある。

3 ミラ(呼称:オミクロン セティ)は、核融合を永久に停止する前の、星の一生の最終段階にある赤い巨星。その明るさは332日間以上、光度+2(空の明るさで一番明るいのが100として)から光度+10(ほとんどの双眼鏡では見えない)までと、色々変化する。

4 私の高校にも大学の天文学部にも、コレクションでバニースーツはない

5 天文学と地質学との闘いにおいて、惑星科学者たちは「なぜ両方ではダメなのか?」と言いたいところだろう。女の子達は学園祭の展示を、火星の表面と/月面の展示のような何かができる。私が顧問の先生だったら絶対にそのような提案をしていた筈だ。

6 私が気付いた唯一の問題は、女の子達が空でいとも簡単に水星を見つけたこと。水星は太陽の近くにあるため、実際に見つけるのはとても難しく、私も今まで生きて来た中で、たったの1回か二回しか観たことはない。しかもいとも簡単に見つけてました(アニメの中の水星の位置は、金星から考えてもぴったりだったとはいえね…)。

7 みらが部に購入を迫った30Mの望遠鏡は、実際はハワイの国立天文台のTMTプロジェクト(492枚の複合鏡、口径30Mの主鏡をもつ望遠鏡の設置事業)と同様のものを意味している。それ自体は神聖な山の上に建設中のため、ハワイの地元の人々との間でトラブルに発展…だから、異議あり!

総括的にかなりよくできた初回放送となったが、キャラクター間の感情は私の期待よりもかなり堅苦しかった(例えばまんがタイムきららシリーズのゆるキャン△みたいな期待ね)。あおは、変わっていて非社交的。みらとの対話も少し不自然な感じ。地質学側の桜井美景(みかげ)もまた、かわっているキャラとして作り込まれている。ないものねだりになるけど、これがもう一つのゆるキャン△になるかどうかはまだ分からない。可愛いことには変わりないので、どっちにしろ観続けるつもり。

初回放送に関するいくつかの情報共有ありがとう!私は天文学に永らく興味があったのですが、あまり詳しくないのでとっても興味深かったです。
あおは少しシャイだけど、これからの放送でどんどん弾けてくるんじゃないかな(希望)。他のメンバー間とのぎこちないやり取りはわざとっていうか、まだ合併されたばかりの部活に馴染んでないからだと思う。色んな事をこれから一緒にやっていけば、みんな今よりずっと仲良くなれると思うよ。同じことが桜井にも言えて、先生が最初に言ってたけど、桜井がよく知らない人々にトゲトゲしいのは、おそらく新しい部活メンバーに慣れようと調整中だからなんだと思う。
これはもともと、もう一つのゆるキャン△になろうとしてないと思う。ゆるキャン△の方は寒いけど、こっちはもっとロマンチック!
この連続アニメは終了時までにどんどんアルマゲドン化するっていうサプライズがありそう。少女たちは宇宙に、惑星救出の訓練に向かう!
彼女達の制服マジ可愛い。白くて、はつらつとしてる感じ!
この連続アニメは終了時までにどんどんアルマゲドン化するっていうオチになりそう。少女たちは惑星救出の訓練に宇宙へ向かったりして!
このシリーズ全体の方向性がまだ固まっていないことを誰も話題にしてないことが驚き。そもそも製作の「動画工房」は明らかに強いCGDCT(Cute Girls Doing Cute Things/可愛い女の子達が可愛い事をするのを描く作品)路線の工房(スタジオ)なのだ。でもこの初回放映は、動画工房の多くの他のアニメ作品を吹き飛ばしちゃうくらいの出来だ。この素晴らしい品質を維持できますよう。
すずちゃんもっと観たい!すっごいオモシロキャラ!!
これはゲキ可愛かった。気取りのないキュートさとやる気には癒される。
アニメ「恋する小惑星(アステロイド)」エンディング

感想

山本アンドリュー

果たしてゆるキャン△の再来なるか

7 COMMENTS

匿名

私が気付いた唯一の問題は、女の子達が空でいとも簡単に水星を見つけたこと。

>>まあ、アニメっつうこって、笑って許して。
水星じゃなくて彗星を見つけたんですな、きっと。

返信する
匿名

何処にすんでる人だろ
日本なら金星も水星も比較的容易に見つかるけど
毎年同じ場所に見える訳じゃないから仕方ないのかもしれんが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。