アニメだけの「海外の反応」をまとめた『アニはん』が生まれました!こちらをクリック

海外の反応「日向が絶望を希望に」アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』4話

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、2020年冬アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP(第4期)』4話に対する海外の反応をご紹介します。

原作は、古舘春一氏によって描かれる高校バレーボールをテーマにした漫画。週刊少年ジャンプでも連載中で、日本でも多くのファンがいることでも有名です。

最新話の「海外の反応」は姉妹サイト「アニはん」でどうぞ!

参考 アニメを「海外の反応」から楽しむアニはん

第4話「”楽”」のあらすじ

宮城県1年生選抜強化合宿も終盤。
バレー歴が浅く練習についていけない角川学園の百沢に、日向はあることを伝える。
一方全日本ユース強化合宿に参加している影山は、全国の猛者たちと共にプレーをする中で…。

アニメ『ハイキュー!!』公式サイト

Source reddit

海外の反応

  • 百沢をスランプから救い出してやるシーン、4期でお気に入りのワンシーンだ。日向は自分では無意識に自然と百沢を元気づけてた。百沢が自分をデカイだけって言った時、日向がそれも才能だって励ましてたところ、純粋によかった。
  • この合宿の方向性に期待が高まる。日向はキレが出てきて、周りの状況が把握できるようになってきている、僕の予想が正しければだけど。しかもなんたることか他校のプレーヤーの心のケアまで!日向の全快プレーはおあずけだが、日向自身の変化が見れるのは嬉しい。
    それに対して月島がどう反応するのかすごく気になる。影山はその点謎。全日本ユース合宿で登場するキャラがライバルになるっていう流れなのかな、それはそれで面白そうだけど。影山の合宿の新キャラたちが今の時点ではなんか気にくわないんだけど、後々生い立ちストーリーが放送されたらやっぱり好きになっちゃうんだろうなって思うのがこのアニメの好きなところ。
    ストーリーの構成自体は好きだけど、アニメで物語を引っ張りすぎるとこは正直好きになれない。伊達工業とかあと1校緑のやつら(名前忘れた)好感度◎。次回を心待ちにするのは今回が初めてかな、なーんか今週もどかしい。
  • 2つの合宿で違ったムードを醸し出しているところが良い。日向の合宿場では全員がみんな顔見知りで、お互い協力的だしフレンドリー。影山の合宿はプレーヤー同士が上位に立とうとして緊迫した空気、全国ライバルっていう立ち位置がお互いのプレーを見張ってる感じ。日向に見るクレイジーなほどの健全さと影山の感情と追求心。完成度が高い。
  • 毎回最高のエピソードとはなんたることだ。

©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

  • 星海の感情がむき出しになる表情が良い 宮侑と国見も登場シーンも結構多くて満足。
  • 白髪の少年のジャンプとスパイクカットの描写が素晴らしかった。
  • またしても最高の回!影山のシーンとその近況が見れて歓喜。日向は絶望を希望に見事ひっくり返した、その彼の成長と心の成熟さには驚いたよ。日向が放つポジティブエネルギーが蔓延してる。百沢が諦めモードに入ってた時も、楽したらもっと高く飛べるってアドバイスしたシーンがなんかすごくカッコよかった。影山がショックな表情してるのがお気に入りの顔の1つだったりするんだな。来週のタイトルは “空腹”、貪欲とかいう意味なんだけど。ラストのシーンで見せた影山の不安な表情にこっちも不安になった。なにをどうしてあの表情になったんだ。
  • 影山の合宿場の奴ら、腹立たしいんだけど後々良いキャラに成長しそう!
  • 日向がボール拾いから昇進したところが見てて本当ワクワクする、サイコー!前とは違った視点で他プレーヤーの技術を観察できてる、そしてそれが日向のプレーに生きるのも断然早くなる。将来的なライバルにあそこまで良いヤツでいれるのは、彼の真の人間性がただただ素晴らしいからである!
  • 牡蠣を食べるたびに、コーチ全員食中毒くらって、ついに来週から日向のプレーがみれるっていう期待が。
  • キャラたちがストーリーの進む中で成長してる様が見てて感動する。性格とかお互いの絡みとかが最高。なんか純情。各エピソードごとの待ち時間の長さだけがネック、、
  • 高校バレー界1、パワフルなプレーヤーの髪は白髪でなくっちゃ。白髪のキャラってなんかいつも卓越した能力を備えている気がする。。
  • 日向がコーチサイドプレーヤーになってスラムダンクの藤間化してる。
  • この回感動ものだった。百沢が日向に言われた技を使えるようになったシーンは泣いた。

アニメ『ハイキュー!!』ベストエピソード第1位

8 COMMENTS

ナナシ

月島の表情、日向や国見の顔芸がちゃんとアニメになってたのが嬉しい。
”だってお前を倒したい”の日向の無意識圧顔も良かった。
けどやっぱ宮侑は関西の声優さんに演じて欲しかった。

返信する
匿名

これ原作通りだから特にアニメで物語を引っ張り過ぎてる訳ではないよね?

返信する
匿名

今話で察しの良い人は鷲匠監督の見方がちょっと変わるかなと思ってたんだけど、やっぱあれだけじゃまだ足りないか。
今後どういう反応になっていくのか楽しみ。

返信する
匿名

『緑のやつら』って青城のふたりかな?
そういえば漫画だと合宿編の各キャラ(烏野以外)の名前とか簡単なプロフィールがテロップ出てたと思うんだけど、アニメもそれやれば良かったのにな。
海外の人は穴原先生を白鳥沢のコーチと思ってたりしてたし。

返信する
匿名

日向にフジクジラ一匹分足した高さ。自分が日向の立場だったらあんな弱音吐かれたらイラッとしちゃうよ。
それに気づく百沢も、青城の二人や伊達高の子の表情も…細やかでほんと、この作品が大好き。

それと言っても仕方ない事なんだけど、東京五輪のテーマソングはBURNOUT SINDROMESが良かったなぁ。
たぶんサザンよりも知名度高いし。

返信する
匿名

いや、知名度は明らかにサザンだと思う。
曲の好みや評価は人それぞれだけど、知名度はどう考えてもサザンだよ。

返信する
匿名

>影山の合宿の新キャラたちが今の時点ではなんか気にくわないんだけど、後々生い立ちストーリーが放送されたらやっぱり好きになっちゃうんだろうなって思う

大正解

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。