アニメだけの「海外の反応」をまとめた『アニはん』が生まれました!こちらをクリック

海外の反応「またやりやがった」Netflixがスタジオジブリ21作品の配信権を獲得

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

またもやNetflixがとんでもないことを始めようとしています。今やテレビ業界は、Netflixをはじめとする動画ストリーミングサービスに完全に視聴者を奪われている状況ですが、その流れは止まりそうにありません。

動画ストリーミングサービス大手のNetflixがスタジオジブリの「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」を含む21作品の配信権を獲得したことを発表。契約金額は明らかにされていませんが、巨大な資本を持つNetflixにスタジオジブリもお手上げだったのではないでしょうか。

ちなみに、現地時間1月21日に発表されたNetflixの2019年10~12月期の決算によると、売上高 前年同期比31%増 54億6743万ドル、純利益 4.4倍の5億8697万ドルと、たった四半期の売上だけで、日本のテレビ業界を牽引するの日本テレビHDの年間売上高を1000億円上回る結果を残しました。

これからも、アニメ業界はNetflixを含むストリーミング配信事業社の存在は当然無視できなくなるでしょう。良質なアニメがたくさん生まれるといいですね。

Netflixで『ドラゴンズドグマ』のアニメ化計画が始動!大手アニメ制作会社との提携も発表!海外の反応まとめ!

「Netflixによるスタジオジブリの21作品配信権獲得」のニュースについて

Netflixは2月からスタジオジブリ作品を日本、カナダ、アメリカを除く世界中で配信予定という嬉しいニュースが飛び込んできました。
映画は28言語の字幕と、最大20言語の吹き替えに対応予定との事。

世界中のジブリファンは大喜びのようです。ただ一つ、みんなが心配している事は、、、

ネットフリックスは、著作権の関係から字幕、吹き替えを全てやり直すそうで、彼らが小さい頃から見てきたジブリ作品の声優が変わる、今までの作品はクオリティも最高だったから、今後どうなるのか?心配の声がたくさん上がっています。

果たして、実際はどうなるのでしょうか?配信日がとても楽しみですね!
それではこのニュースに集まった世界の人の声を早速覗いていってみましょう!

Netflix Snaps Up Exclusive Rights to Studio Ghibli Films Outside North America, Japan from anime

動画ストリーミングサービス大手のNetflixがスタジオジブリの「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」を含む21作品の配信権を獲得したことを発表。契約金額は明らかにされていませんが、巨大な資本を持つNetflixにスタジオジブリもお手上げだったのではないでしょうか。

Netflixがジブリ21作品の配信権を獲得に対する海外の反応

  • 最高!ジブリ映画は長い間観てなかったから。
  • という事は、ヨーロッパでもあるの?
  • そうだよ、アメリカ、カナダ、日本以外のほとんどの国で観れるんだよ。
  • 「パートナーシップの関係で、Netflixは字幕は28言語、吹き替え版は20か国語で収録し直している。」っていうニュースを読むまではこれはすごいいいニュースだなって思ってた。。。
  • ドイツ語も同じく。すでにドイツ語の字幕も吹き替えもハイクオリティで、みんなにとってとても思い入れがあるのに。変える必要ないてない!
  • イタリア語の吹き替えは酷かったよ。
  • 私は本当に吹き替え版のやり直しはするのかなって疑問に思うよ。今までやった事のない国の吹き替え版を除いてね。
    ジブリは、吹き替えに関してはとても厳しいからね。いろいろな種類の吹き替え版を同時に出す事は許さないと思うよ。
  • これは予期していたけどね。だって吹き替え版の権利は他の会社が所有しているんだから。
  • Netflixが、字幕、吹き替え版のやり直しする事で、映画の魅力、表現の仕方、声、登場人物がいう冗談とか、台無しにしないで欲しいな。
  • Netflixには絶対お金は払わない。だってここオーストラリアでは「ヴァイオレットエバーガーデン」を放送してくれないんだもん。
  • ようやく!アニメ放送するならジブリを第一号にするべきだったもんね。
  • とりあえずアメリカではジブリ英語をダウンロードするサーブスがあるからね(HB Oとか)
  • このニュース見たから今日はいい日になりそう!
  • スウェーデンでも見れるといいな!そしたらようやくジブリ映画を違法でなくきちんと見る事ができる。
  • スペイン語の吹き替えはもういらないからね(通常少なくとも、一つの映画につき2種類のスペイン語吹き替えがあるから)。
    ラテンアメリカンのスペイン語はめちゃくちゃいいよ。新しい吹き替え版の質が落ちないかが心配だな。
  • ヨーロッパのアニメはゴミのようだから、いいアニメがすごく必要だったんだ!
  • は?まじでNetflixは何やってんだ!全世界配信。でもアメリカとカナダと日本を除くだって?!
  • まじで最高にいいニュース!やったーー!!
  • これはNetflixにとって大きいぞ!映画を全部一気に観る事が待ちきれない!!
  • 全部じゃないよね。著作権が違うから「火垂るの墓」が入っていないね。

中澤一登監督とProduction I.Gが夢のタッグ!『B: The Beginning』

中澤一登監督とProduction I.Gが夢のタッグを組んだNetflixオリジナルアニメ。群島国家クレモナを舞台に、連続殺人犯を追う捜査官が連鎖する事件を読み解くクライムサスペンス「B: The Beginning」

なかなか面白かった『B: The Beginning』

16 COMMENTS

匿名

これ日本の物理メディアに利権持ってる奴が邪魔してるんじゃないの?
AKB商法を容認してる政府も一枚噛んでると思うんだよ

返信する
-

競争のない独占企業であった日本のテレビから既得権益がなくなっていくのは痛快だね。アニメ業界もこれで潤っていくといいな。

返信する
匿名

契約って買い取りなんかな。
それとも1再生につきいくらみたいな従量制も含まれてるんだろうか

返信する
匿名

ジブリ関係ないよ。欧州はフランスのワイルドバンチ・インターナショナルが配給権持ってるからNetflixはそこと契約しただけ。ワイルドバンチは昔からジブリ映画の製作委員会に入ってる。北米は2017年にGKIDS Filmsって会社がディズニーから配給権を買った。GKIDSはワーナーと契約してワーナーのHBOチャンネルで配信される。日本はディズニーが持ってる。地域によって違う会社が配給権持ってるのは当たり前だけどワーナーもディズニーもネットフリックスと競合(自前の配信サービスがある)してるからこうなる

返信する
匿名

英語吹き替えは、けっこう大スター使って質も高かったから、やり直しは残念だな。

返信する
匿名

Netflixは金払いが良いから、アニメーターの人がやっと人並みの暮らしが出来るようになったって言ってたような。

返信する
匿名

末端は変わらないって言ってたが…
安く買い叩けるなら安い方がいいのはどこも同じ
日本のアニメーターも賃上げのストしたりしないと賃金は上がらないんじゃないの?

返信する
匿名

これからは配信の時代って言われてるけど…あの豪華スター達の吹き替え版はディスク買った人達しか見る機会がないってこと?
もったいなすぎる…

返信する
匿名

ラピュタなんかはオリジナルのサウンドトラック上書きしてアメリカが勝手にBGM追加しまくってたりするし、逆にいいことなんじゃないの?

返信する
匿名

>•イタリア語の吹き替えは酷かったよ。

ジブリ映画の声優が酷いのは海外だけでなく日本も同じ
俳優の思い出作りの場になっている・・・

返信する
匿名

美味しいところは全部アメリカが持っていくのに
こういう時だけ一緒にとばっちりを食らうカナダさん・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。